コロナ禍の外食事情…8割以上が「飲食店を応援したい」

オンライン展示会プラットフォーム DMM [SHOWBOOTH] を運営する合同会社DMM.comは、2021年6月11日〜15日の期間において全国の20〜50代のビジネスパーソン男女500名を対象に、「食生活と外食」に関する調査を実施。このたび、その調査結果を発表しました。

新型コロナウイルスの影響で生活が一変しましたが、その中でも大きく変化したものの一つとして挙げられるのが「食」です。地域によっては、飲食店の経営自粛や営業時間に制限が設けられました。本調査では、コロナ禍で人々の食生活にどのような変化が起きたのかについて調べました。

まず、緊急事態宣言中に外食をしたかどうかを聞いてみると、約6割の人が「外食をした」(58.0%)ことが判明しました。外食をした理由としては、半数以上の人が「美味しいものを食べたい」(55.9%)と回答。次いで、「飲食店を応援したい」(37.6%)、「ストレス解消」(30.3%)という結果となりました。食事以外の行動を制限されストレスも感じてしまう緊急事態宣言下で、ストレス発散や気分転換に外食をしたいと考えている人が多いのでしょうか。

また、利用するお店について、約9割の人が「緊急事態宣言前から利用していた店」(60.6%)、「どちらかというと緊急事態宣言前から利用していた店が多い」(29.3%)と答えました。営業制限を余儀なくされ困っている飲食店を応援したいと考えている人が、多いことが伺える結果となりました。

一方、外食を自粛している4割以上の人は、外食しなかった理由として「緊急事態宣言が出ているから」(59.5%)、「コロナ感染が心配」(51.4%)と回答。緊急事態宣言下では、原則的に外食しないようにしている人もいるようです。

続いて、緊急事態宣言中に外食をした人に外食する頻度を聞いたところ、「週に1〜2回」(37.6%)、「月に1回」(32.1%)、「それ(月に1回)以下」(18.3%)という結果となりました。さらに、外食した際に何名で食事したか、掘り下げて質問してみると、最も多く回答が集まったのは「2名」(54.5%)で半数以上の人が回答しました。次いで「1名」(35.5%)、「3名」(27.2%)という結果になりました。外食はしているものの、感染対策のためにできるだけ頻度を減らしたり、少人数で食事したりしている人が多いことが見受けられます。

また、緊急事態宣言中のランチ、ディナーでの1回あたりの平均支払金額について調査しました。ランチでは、「500円以上1,000円未満」(51.7%)に最も多く回答が集まり、次いで「1,000円以上1,500円未満」(27.6%)という結果となりました。ランチは平均的な金額で、緊急事態宣言前とあまり変化はないと考えられます。一方、ディナーは「1,000円以上2,000円未満」(24.8%)が最も多く、次いで「3,000円以上5,000円未満」(23.4%)、「2,000円以上3,000円未満」(20.3%)という結果になりました。また、最も少額である「1,000円未満」(17.9%)も2割弱いることが判明。ディナーの支払金額が安いことについては、時短営業やお酒の提供不可などが要因となって減額傾向になっているのかもしれません。

このように、緊急事態宣言下では外食したとしても頻度は少なく、少人数での利用が大半で支払金額も少ない傾向にあることが明らかになりました。飲食店が置かれる自体の深刻さが伺えます。本調査では、コロナ禍で飲食店を応援したいと思うかどうか聞いてみたところ、8割以上の人が「とても思う」(18.0%)、「思う」(30.8%)、「どちらかというと思う」(33.4%)と回答しました。多くの人が外食しづらい状況でも、飲食店を応援したいという思いを持っていることがわかりました。

さらに、自炊について調査しました。自炊をする頻度について聞いた結果、約4割が「毎日」(38.4%)自炊していることが判明しました。次いで、「週5〜6日」(19.0%)、「週3〜4日」(15.0%)」という回答が続きました。一方、「全くしない」(16.0%)人も一定数いることが明らかとなりました。

自炊をする人にその理由を聞いてみると、最も多くの回答が集まったのは「節約になるから」(48.1%)でした。次いで、「緊急事態宣言中は外食できない」(34.5%)、「感染対策で外食を控えている」(32.1%)がランクイン。コロナ禍でなければ外食したいと感じている人も多いのはないでしょうか。また、5人に1人以上が「健康のため」(24.8%)と回答。おうち時間が増え運動の機会が減ってしまった今、自炊で健康バランスを保っている人も多いようです。「料理が好き・趣味」(18.6%)と回答した人は、2割以下に留まりました。全体的に好きだから自炊しているというよりは、仕方ないからといった理由で自炊をしているという意見が目立ちました。

実際に、約6割の人が自炊を負担に「感じる」(19.8%)、「どちらかというと感じる」(38.8%)と回答。自炊を無理に頑張ってストレスを溜めないために、外食やテイクアウトをかしこく活用するのも有効かもしれません。

続いて、コロナ禍で以前よりも食生活への関心が高まったかどうか聞いたところ、約6割が「とても高まった」(7.4%)、「高まった」(19.8%)、「どちらかというと高まった」(31.8%)と感じていることが判明しました。次に、どのように高まったのか聞いてみると、「美味しいものを食べたいと思うようになった」(65.1%)が1位にランクイン。外食で美味しいものを食べに行くのがベストかもしれませんが、この状況下でいかにおうちで美味しいものを食べるかという工夫も、食を楽しむポイントになりそうです。また、「栄養バランスを考えるようになった」(53.9%)にも半数以上の声が挙がり、「栄養価の高い食材を買うようになった」(20.0%)、「栄養の知識を付けたいと思うようになった」(18.3%)という回答も見られました。“栄養”を重要視するようになった人が増えている傾向が見られます。

本調査では、コロナ禍で外食を自粛する傾向が見られる一方で、「美味しいものを食べたい」「飲食店を応援したい」と感じている人は多いという事実が明らかになりました。DMM.comは、厳しい状況に置かれる飲食業界を応援することを目的に、オンライン展示会プラットフォーム DMM [SHOWBOOTH] にて『飲食店経営強化EXPO2021』を7月28日(水)〜30日(金)に開催いたします。ニューノーマル時代を生き抜くために、新たな着眼点から挑戦する飲食業界のトップランナーによる、全13のオンラインセミナーも開催予定です。

関連記事(外部サイト)