女子中高生の流行丸わかり『JC・JK流行語大賞2021』配信

2021年に女子中高生の間で流行したモノ・コトをランキング形式で発表する特別番組『JC・JK流行語大賞2021』を、11月29日(月)夜8時より配信することを決定した。

『JC・JK流行語大賞』は、椎木里佳さんが代表を務めるAMF社と、トレンドのリサーチが得意な“JCJK調査隊”のメンバーが、インスタグラムを中心にその年の流行を「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」を4部門で調査&選考し、

その年に女子中高生の間で流行したモノ・コトを発表するもので、2017年から開始し今年で5回目を迎える。「ABEMA」では、各4部門における2021年の“大賞”を発表する授賞式の模様を、特別番組『JC・JK流行語大賞2021』として放送する。

本番組のMCを務めるのは、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉。ゲストには、「ABEMA」の番組初登場となる、今年デビューしたグローバルボーイズグループ・INIの木村柾哉、池ア理人、佐野雄大、モデルでインフルエンサーのなえなの、ギャルモデルのゆうちゃみが出演。女子中高生から絶大な支持を集めているゲスト陣と、“大賞”の発表を見守る。

INIの3人にとって、2021年は“一般人”から、音楽チャートで首位を獲得するほどの“トップアーティスト”へ仲間入りを果たした年。そんな3人にとっての「流行語大賞」は何なのか?あわせて注目。

また、「ABEMA」の人気恋愛番組シリーズ『恋する?週末ホームステイ』に出演していた川井来夢、山口夢菜がリポーターに初挑戦。現役女子高生の2人が、流行を徹底リサーチ。

コロナ禍での生活が当たり前になりつつある中で、コミュニケーションの取り方や衣食住のトレンドが変化し続ける2021年。思い通りにいかない生活の中でも、女子中高生たちは前向きに流行を追い求めた。そんな女子中高生たちがいち早く目をつけ、発信・拡散をした結果、世代を超えて日本中でブームとなったものとは…?

果たして、今年はどんな「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」が女子中高生の間で流行っていたのか?年末の風物詩となった『JC・JK流行語大賞2021』に、ご期待あれ。

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)