上坂すみれも神回と絶賛!?小松未可子の厄払い映像に爆笑

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は23日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【小松未可子×上坂すみれ×徳井青空】#43』を放送した。

本放送は、『声優と夜あそび2021』水曜日の最終回ということで、“破壊”というテーマに甘え、これまで3人に無理難題を強いてきたスタッフから、感謝と謝罪の気持ちを込めておもてなしをしたいというメッセージが。疑念を抱きつつ、連れられるがままにおもてなしの会場へ移動すると、そこには豪華ビュッフェやシャンパンタワーが用意されており、まさかの本気のおもてなしに、3人は「え!?私たち死後の世界?」「異世界!?」「転生しちゃった?」とパニックに。「これを食べたことによって何か起こるみたいな?」といまだに疑心暗鬼な3人をよそに、半ば強引にお疲れ様パーティがスタートした。

パーティー内では、スタッフからの無礼の数々をまとめたVTRでこれまでの放送を振り返った3人。

「変な格好をさせてすみません編」では、全員上下スウェットで登場した回やゴリラやブタのコスプレをした回が流れたり、「お口にあわないものを出してすみません編」では、と〜くいそら豆ジュースや、こま〜つなアイスに挑戦した映像が流れ、3人は「すみぺの貴重なスウェット姿!」「キレてんな〜」「これは激マズだった!」と当時を振り返っていった。

また、「長い尺を使ってしまってすみません編」で小松さん誕生日回での厄払いが流れると、上坂から「まじで神回!」という声が。21分間にわたる小松のガチ厄払いをひたすら流すというシュールすぎる映像と、だんだんと無表情になっていく上坂と愛美の表情に、3人から「厄払い中継されることある!?」「顔!!」とツッコミが殺到し、スタジオは大きな笑いに包まれた。

その後も、トカゲにアテレコしたエキゾチックASMRや、上坂によるSみぺ様、徳井のノリから生まれたDAISUKIなど、笑い合いながら破壊的な映像の数々を懐かしんだ3人。そうしてあっという間に時間が過ぎ去り、パーティもお開きの時間に。

そして最後は、小松の天敵でお馴染みのダミーヘッドマイクへそれぞれの思いを語ることに。「この夜あそびの生放送で、こんなに毎週たくさんたくさん笑っていたことで、たくさんの元気と健康的な体を手に入れたと思います。みんなのこと“DAISUKE(KI)”だよ(小松)」、「楽しい楽しい番組でした。ミニ四駆の回、みんなで走らせられたことが嬉しかったです。UNOももう一回やりましょう!DAISUKI!(徳井)」「破壊の水曜日どうでしたか?私はすごーく楽しかったです。そして私は留年します。また来年もよろしくお願いします(上坂)」とメッセージを送った3人。

視聴者からは「破壊の水曜日DAISUKIだよ!」「いっぱい笑わせてくれてありがとう」「2年間お疲れ様でした!ありがとう」などとコメントが寄せられ、いつもの明るい雰囲気のなか“破壊の水曜日”を締めくくった。

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)