「パリピ孔明」放送前に2話の歌唱シーンをチョイ見せ!

TVアニメ「パリピ孔明」は、アニメ「SHIROBAKO」シリーズ、アニメ「白い砂のアクアトープ」などアニメ業界でオリジナルアニメーション作品を中心に制作を手掛けてきたアニメーションスタジオ「P.A.WORKS」が初めてコミック原作のアニメ制作を手掛け、4月5日より絶賛放送中。ABEMAでは毎週先行配信中。

先日第1話の放送が始まると、SNSで多くの感動の書き込みが投稿され、「パリピ孔明」のワードがトレンド入り。リアタイしていたファンたちからは、「予想外に歌唱部分もドラマ部分もしっかり仕上がってて。期待高まる導入!」「設定の奇抜さから出オチかと思ったりもしたけども、面白かった」「英子の歌マジ心に沁みた」「歌、超うまい!と思ったら96猫だった!」「1番良かった所は歌。」「英子の歌声がまた綺麗で… 孔明と同じように引き込まれたね!」など、ネタアニメではなくしっかりした感動ストーリーに加え、本格的な音楽モノのアニメとして話題となっている。

そこで、先日放送された1話で話題となっている注目の歌唱シーンのチョイ見せ映像と、4月12日(火)に放送される第2話の歌唱シーンのチョイ見せ映像が、TVアニメ「パリピ孔明」公式TwitterでTV放送前に先行公開!

今回解禁する1話の歌唱シーン映像は、孔明が歌手を目指す英子の歌を聴き感動するシーン。現代に転生し、なぜかクラブに連れていかれた孔明が、初めて現代の音楽を聴き感動した楽曲「Be Crazy For Me」を伸びやかに歌う主人公の英子の歌唱シーン、夕日がさす部屋で英子が「I’m still alive today」を柔らかなアコギの音色と共に優しく歌い上げるシーン。英子の歌に感動した孔明が、英子に仕えることを決める重要な楽曲となっている。 

さらに、4月12日(火)に放送される第2話から注目の歌唱シーンのチョイ見せ映像を、まさかの放送前に先行解禁。物語の中でどのような展開で歌唱されるシーンになるか注目が集まる。

本作では、主人公の月見英子役を演技と歌唱を分けたWキャストとなり、演技を本渡楓が、歌唱をアニメ初出演の96猫が務めている。七色ヴォイスとして様々な声色を持つ96猫が、歌に対してまっすぐに向かう英子のイメージを見事に表現し、今後も様々な楽曲を披露していく。

孔明だけでなく、初見の視聴者の心をもつかんだ楽曲に、ぜひご注目!

?四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

関連記事(外部サイト)