ニューヨーク、キャバ嬢の恋人との衝撃実話にドン引き!

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は10日、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・ニューヨークがMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』の#28を放送した。

この日の放送では、お笑いコンビ・スクールゾーンとオダウエダがスタジオゲストに登場。哀しい恋愛話を持つ3名の女性がエピソードを披露し、スクールゾーンとオダウエダの2組が“ネタで使いたい”と思った恋愛話を自腹で買い取る企画「ネタになる恋哀(れんあい)話買い取ります」を実施した。

まず“恋哀話”を披露したのは、キャバクラ嬢の白愛りね。大阪で出会ったホストの男性に「一目惚れした」と猛烈アプローチを受け、交際に発展。付き合って1年ほど経ったころ「本当に好きだから一緒に住んで結婚しない?」と突然彼からプロポーズされ、彼は「結婚を機にホストを辞める」とすぐに警備会社への就職を決めるなど、同棲に向けてとんとん拍子にことが進んでいったのだとか。しかし、いざ引越しの日が近づいてくると、彼は「就職したてでお金がない」といい、引越しにかかるすべての費用を白愛が負担することに。

彼への不信感が芽生えつつも、引越し、新生活がスタートしたと回顧し。しかし、引越しから1週間後、1日だけ家を空けた白愛が帰宅すると、“布団が干されていた”“彼が挙動不審だった”という違和感を覚え問い詰めたことで、彼が別の女性を連れ込んでいたことが発覚。白愛は、不誠実すぎる彼の行動にその場で別れを決意し、「小さいスーツケースに彼の荷物を全部詰め込んで、放り投げて『出てけ!』って言いました」と語り、幸せな未来を約束した彼との同棲生活は、わずか1週間で崩れ去ってしまったとのだと“恋哀話”を打ち明けた。

ニューヨークの2人も「これはアカンわ」「とってもリアル」と神妙な表情を浮かべる中、スタジオには、白愛本人が登場。元カレとの決別のときについて「(彼が)『別れるなら死ぬ』とか言って、お風呂場に引きこもって、鍵かけて開けられなくされて…。でも、感情が冷めちゃって、家がなくなるから焦ってるんだなと思った」と当時の心境を振り返った。

そんな白愛の“恋哀話”買取希望価格は、“浮気されて捨てた羽毛布団代3万円”。スクールゾーンとオダウエダの両コンビが“買い取りたい”と手を挙げ、リアルな恋愛ネタやあるあるネタを得意とするスクールゾーンの俵山峻は「一番好きなリアル」と興味を示し、自分たちでネタにするなら「玄関でのやり取りとか。彼が逆ギレする、みたいな」と早くもネタの構想を練る一方、「スーツケース開けたら“ヤンジャン”が1冊入ってた、とか。お風呂場に閉じこもったときも、なにしてんのかなと思ったら“ヤンジャン”読んでるとか」と、こちらもネタとして空想を巡らせるオダウエダの植田紫帆。オダウエダの世界観満載なネタ案に、白愛を含め、一同思わず爆笑した。

そして、最終的に、白愛さんが「クズ男を再現してくれそう」と期待を込め、スクールゾーンを買取手に指名。スクールゾーンの2人は、その場で買取額3万円を支払いました。

また、続いて登場したお笑い芸人・CRAZY COCOは、客室乗務員をしていたころに、マッチングアプリを通して出会ったスイス人男性とのエピソードを赤裸々告白。その衝撃の内容に一同大困惑で…!?気になる本放送の模様は、放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能なので、ぜひチェックを。

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)