坂上忍「中島知子は第二の上沼恵美子になれる」と大絶賛

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は11日、坂上忍がMCを務める新番組『デマ投稿を許さない』の#2を放送した。

番組初のゲストとして、現在大分県を拠点にタレント活動を行っている中島知子が登場。「中島知子、やる気出せば90年代の上沼恵美子ポジくらいまでいけそう」「大分のスナックで働いていた?」「元相方に黒魔術をかけてる?」など様々な噂と対峙した。

#2に出演した番組初となるゲストは、現在大分県を拠点にタレント活動を行っている中島。番組冒頭から抜群のトーク力を披露した。番組内ではSNS上の噂の一つとして、「中島知子、やる気出せば90年代の上沼恵美子ポジくらいまでいけそう」という投稿を紹介。

中島は、自身が大きな騒動の渦中にいたときに急に言われ始めた、という経緯を告白。坂上も、今も変わらない切れ味抜群の中島のトーク力を絶賛。他にも「今でも喋りと頭の回転の速さは抜群。波の女芸人ならば立場を喰われてしまう」など、SNSでの賞賛の声も紹介した。

しかし、上沼と並べられることに謙遜する様子の中島。そして「上沼さんと共演させていただいた若手のときに、上沼さんは生放送の残り10秒でネタを1個話して場を沸かせたんです。そんな超人的な技は私には無理です」と印象深い驚きのエピソードを明かした。

収録当日は、福岡県での番組出演を終えてから、本番組の収録に挑んだ中島。現在大分県を拠点とする中島に、「大分のスナックで働いていた?」という世間の噂を坂上がぶつけた。中島は「元々カラオケが好きなんです。知人の紹介を経由し、大分のラウンジでホステス修行しました」と、実際に2019年頃に大分市内でホステスとして勤務していた過去を告白。

周りで働く仲間は若い子が多かったという中島に、坂上が「お客さんに口説かれたことあるの?」と質問すると、「私…ないですね」と静かに回答。「金がないと女芸人はモテないですから」と、自身が感じた苦悩を明かした。

坂上は「会ったこともない人との噂を書かれた経験がある」という芸能人ならではの悩みを告白。坂上自身は、子役時代に一度だけ共演した女性との噂を書かれた経験を語った。中島から過去の恋愛について尋ねられた坂上は、“昭和のモテ男”であり先輩の火野正平の名前を挙げ、「別れ際は綺麗に。別れ際はケチらない」という先輩からの教えを披露した。

一方で中島が過去に共演したことのある、アンジャッシュ・渡部健やTKO・木下、カンニング・竹山などへの印象を聞かれ、たじろぐ場面も。自身の騒動を振り返りつつ、芸人仲間への思いを明かすシーンも見られた。

また、自身のコンビ解散についても言及。「元相方に黒魔術をかけてる?」という噂の投稿に、坂上が目を丸くする場面も。「仲が悪いの?」という坂上の率直な質問には、「円満に会ってコンビ解消をしました」と回答し、解散の経緯や思いを語った。

怒涛のトークが飛び交う収録を終えた中島は、「好きな話をして、好きなことを言ってしまったので、

他の出演者のみんなぐったりされてました。坂上さんと(鈴木)おさむさんといろんな話ができたのは、すごい楽しかったです」と明るい表情で感想を語っていた。

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)