¥ellow Bucksの乱入、T-PablowのMCバトル復帰で話題騒然

ABEMAは、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて、MCバトルイベント『凱旋MCBATTLE in さいたまスーパーアリーナ』の再配信を、6月7日(火)20時より実施することを決定した。

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて、MCバトルイベント『凱旋MCBATTLE in さいたまスーパーアリーナ』の再配信を、6月7日(火)20時より実施することを決定した。

このたび、「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて再配信が決定した『凱旋MCBATTLE in さいたまスーパーアリーナ』は、5月15日に開催されたMCとして活動する怨念JAP主催によるMCバトルイベント。

今年で5周年を迎えた本イベントでは、日本最大規模のアリーナであり、戦いの“聖地”として知られるさいたまスーパーアリーナで開催。

史上最大規模のステージでオーディエンスを迎え、歴史に残ると言っても過言ではない、熱いバトルを繰り広げた。

本イベントには、総勢16人の人気MCたちが大集結。5年ぶりのバトルシーン復帰となるT-Pablowさんの出場発表には、一際大きな注目を集め、ブランクを感じさせないラップスキルで会場を魅了。さらに、ゲストアーティストとして参加していた¥ellow BucksがMCバトルに緊急参戦し、MU-TONと熱いバトルを繰り広げたことも大きな話題を呼び、「歴史的バトル」と呼び声が高いイベントとなった。

また、“HIPHOPシーンのキング”ことAK-69、T-Pablowが所属するBADHOP、HIPHOPシーンの最前線を牽引するJP THE WAVY、多彩な活動で注目を集める¥ellow Bucksのスペシャルライブも実施。豪華アーティストの競演によって会場の熱量をさらに高めると、「ライブも最高だった」と多数の反響が寄せられた。

「ABEMA」では、再配信の購入者限定特典として、本公演を主催して大成功を収めた怨念JAPと審査員として参加したラッパーの漢 a.k.a. GAMIのスペシャル対談映像をお届け。歴史的一夜を目撃した2人の口から何が語られるのか?

“HIPHOP界の父”として知られているラッパーのZeebraはリアルタイムで観戦し、興奮冷めやらぬ中、SNSに「面白いにも程がある」「日本のヒップホップは今ここにある」と投稿。音楽ユニット・Creepy NutsのR-指定も「『凱旋MCBATTLE』を購入して見た!」と自身が出演した番組で話すなど、HIPHOP界でも一際大きな注目を集めた『凱旋MCBATTLE in さいたまスーパーアリーナ』の模様を、ぜひ「ABEMA」にて楽しんでみてはいかが。

©AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?