岡本信彦、スイーツ全45皿に挑戦し限界寸前!?

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は5日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび WEEKEND【岡本信彦×代永翼×大坪由佳】#3』を放送した。

本放送では、声優界きってのスイーツ好き、スイーツ三銃士が揃ったということで、「スイーツた~んと召しアガれ!45分アガる食べ放題」と題した企画を実施。1分に1皿、回転寿司のようにレールに乗って登場する全45皿のスイーツをひたすら食べ続けてもらう。常に1皿1分のペースで食べなければならない体を張った企画に「クレイジーだよ!」と訴える岡本と代永だが、『声優と夜あそび 1st season』でもスイーツ好きとして様々なスイーツ企画を経験してきた大坪は拍手をしながら「嬉しい~!」と幸せそうににっこり。またもちろん、残したお皿の枚数によってペナルティも。尻文字やビリビリ椅子、そして3人の残した合計が31皿以上で“夜あそび出禁”というペナルティに3人は呆然。「スイーツ好きの看板背負っているので!」「頑張ります!」と意気込み、早速チャレンジスタート。

すると、最初からボリューミィなタルト1カットが登場。「これを1分で食べるの!?」と声をあげるも、3人は豪快にかぶりつき一気に平らげた。その後も問答無用で、ロールケーキや、マカロン、チョコパイなどの様々なスイーツが続々と登場するも、さすがスイーツ好きの3人。「美味しいね」「これ好き~!」とまだまだ余裕な表情で話しながら、プリンやコーヒーゼリーを飲み物のように流し込んだり、スイカが出た時には早食いネタを見せたりと、軽快に食べ進めていった。

また、『声優と夜あそび 2nd season』での代永の人気キャラクター“翼ママ”が出現する場面も。スナックのママ“翼ママ”になりきり、セクシーに食べたり、カメラに向かってあーんをしたり、サービスカットを決める代永さんに、岡本と大坪は「ママぁ!サービスがすごい」「かわいい~」と大喜び。笑いも挟みつつ、和気あいあいとチャレンジを進めていった。

しかし、たい焼きや、切腹最中、どら焼きなどのお腹にたまる和菓子や、チュロスやドーナツなどの揚げ菓子を食べ続けた3人のお腹はだんだんと満たされ、後半はさすがにペースダウン。限界を迎え「出禁見えてきたわ」と遠い目をする岡本に、代永と大坪は「まだわかんないから!」とエールを送った。

その後も、半ばヤケになりながらフードファイトを続け、なんとか完走。しかし、残ったお皿は合計43皿で“夜あそび出禁”というまさかの結果に。最悪の事態を阻止するべく、3人は尻文字、ずっとしゃくれた状態でプレミアムコンテンツの撮影、ビリビリ椅子の3つの罰ゲームを快諾。ビリビリイスでは、あまりの威力に3人とも飛び上がり、「痛ってぇ」「小さい剣山!」と悶絶。3人のリアクションに、スタジオは笑いに包まれた。

そうして、あっという間に番組も終わりの時間が近づき、「何よりおいしかったね」「出禁にならなくてよかったぁ」「新たな絆がスイーツ三銃士の中で生まれた」と振り返った3人。体当たり企画に挑戦し謎の絆を生んだ3人に、視聴者からは「抱腹絶倒でした!!」「もぐもぐ姿は癒しです」「3人かわいい!すてき!」「翼ママ、サービスいっぱいありがとう」などのコメントが寄せられた。

©AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?