『パリピ孔明』の名シーン裏話が続出し、スタジオ大感動

新しい未来のテレビ「ABEMA」は16日、ABEMAアニメチャンネルにて特別番組『TVアニメ「パリピ孔明」最終回放送直前スペシャル〜あなたの声援!きみの拍手!みんなの想い!それを愛と呼ぶんだぜ!Partyを終わらせるな!Night〜』を独占放送した。

本番組には、月見英子役の本渡楓、英子の歌唱キャストの96猫、KABE太人役の千葉翔也、久遠七海役の山村響、七海の歌唱キャストのLezelら、『パリピ孔明』の“ヤングチーム”が出演。MCに天津の向を迎え、第1話から第11話までのストーリーを名シーンとともに、芝居、そして歌唱の両面から振り返った。

斬新なストーリーのほか、OP&EDのノンテロップ映像や踊ってみた&歌ってみた動画など、バラエティに富んだYouTube動画や中毒性のある音楽で、旋風を巻き起こしている『パリピ孔明』。周囲の反響を聞かれた本渡が「“ダークホース”って言葉を使われる方が周りに多い気がします」と話すと、山村も大きく頷き「ギャグ漫画だと思ってアニメをみたら、こんなにエモい話だったんだって言ってくださる方が多くて」と嬉しそうに語る。

また、英子と七海のWキャストが揃ったということで、それぞれで受けたディレクションが話題に。最初のアフレコでは、まだ歌唱シーンの雰囲気がわからず苦戦したという本渡。「可愛さとかキラキラしたものを抑えてくださいってディレクションが多くて答えはどこにあるんだろうって思っていたんですけど、放送されたものをみて、96猫さんのこの歌に繋がるから、そう引っ張っていてもらっていたんだなって」と話す本渡に、96猫は「(英子の)まっすぐさみたいなものがどこかで共通してあったのかなって今なら思います」とコメントし、お互いを意識しながら芝居パートと歌唱パートが作られたことを語った。

番組内では、第1話から第11話までを名シーンとともに振り返る、振り返りトークを実施。孔明と英子の出会いや孔明の計略の数々を振り返っていくなか、大きな反響を呼んだ置鮎龍太郎演じる諸葛孔明と、千葉翔也演じるKABE太人のフリーラップバトルのシーンでは、千葉がその裏話を披露。このシーンのアフレコについて、本当のラップバトルのような雰囲気があったと話し「この年、一番緊張した収録といっても過言ではない」と振り返った千葉。「置鮎さんが完璧に仕上げてきているんですよ。1発目からほぼ完成していて、めちゃくちゃ背筋伸びました」「孔明の雰囲気を変えた漢詩の部分とかも、お芝居で精神世界に行っている感じを出さないといけないので、置鮎さんすごいなって思いましたね」と、大先輩との掛け合いシーンでの緊張と喜びを語った。

また、スランプに陥っていたKABEが、孔明へのアンサーで感情を解放させたシーンでは、山村が「今、この瞬間に言葉になってる感じがすごいします」とKABEのラップの変化を絶賛。千葉は照れ臭そうに笑いながら「自分で見ていてもこのパートが一番よかったと思っていて、韻を踏んでるなってところよりも、より気持ちを乗せれたんじゃないかな」と思いを語った。

さらに物語は進み、英子と七海の出会いのシーンへ。渋谷の路上ライブで出会い、一緒に過ごしていくうちに親友になった2人。その後、七海が英子へ実は人気アイドルバンド・AZALEAのベースボーカルであることやAZALEAの過去を明かしたシーンでは、七海の葛藤に「しんどい〜」「ここの言い方が切なすぎて」「めちゃくちゃきつい」「だめだ、泣いちゃうよ」と感嘆の声で溢れた。

またその後、英子が七海を励ますべく、2人で初めて路上ライブで歌った曲『I’m still alive today』を歌うシーンについて、山村が「英子と(アフレコを)一緒にやらせてもらえたから、歌もVの中に入っていたので“こんな歌、歌えたんだ”ってすごい気持ちをこめてセリフをいうことができました」と振り返ると、本渡は「ななみん(七海)の凝り固まった硬い悩みがフワ〜って溶けていく瞬間って、いいシーンっていう言葉では収まらないくらい」としみじみ。歌った際の気持ちを聞かれた96猫は「最初の英子のまっすぐさを残しつつ、ななみんから得た“歌うことで自分の思いを届ける”っていうのを今までの英子より多めに乗せてみたりしています」と英子の歌い方の変化を明かした。

また、Lezelからは、七海の『I’m still alive today』では「ネイティブな感じで聞こえないように歌ってくださいって言われて…」とディレクションを受けたことが明かされ、山村と本渡は「そこも英子と七海で違いが出てるんですかね。英子はすごい英語っぽい感じに聞こえて」「マリア・ディーゼル(劇中のアメリカの歌姫)に憧れた英子っていうのもあるのかな」と話し、英子と七海の演出の違いに感心していた。

なお、本番組は6月23日(木)夜11時まで無料見逃し配信中。メインキャスト陣が『パリピ孔明』の裏側を語った本番組を、ぜひ最終回とともにお楽しみあれ。

(C)四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

関連記事(外部サイト)