蒼井翔太&八代拓、本人には言えない森久保祥太郎トーク

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は20日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【蒼井翔太×八代拓】#13』を放送した。

本放送では、森久保の代理MC八代が森久保のモノマネをしながら登場。森久保になりすまし、蒼井と茶番を繰り広げ、「ジェネリック森久保祥太郎です」と挨拶をした八代にスタジオは笑いに包まれた。そんな八代は、蒼井さんとは数々の作品で共演している旧知の仲。初共演を振り返ったり、プライベートで初めて飲んだ際の話題では、かなり酔っ払い、友人宅のベッドで一緒に寝たことを明かしたりと、和気あいあいとトークを繰り広げていった。

番組内では、「森久保祥太郎について ちょ~っと語ってくださいよぉ~!」と題したコーナーを実施。森久保を前にしては言えない、赤裸々な暴露から日頃の感謝まで、2人から見た“声優・森久保祥太郎”をたっぷり語ってもらった。デビュー当時から森久保にお世話になっているという2人。森久保と以前同じ事務所だったという八代は、事務所の新人歓迎会で初めて会った際、森久保の放つオーラに「圧倒的に芸能人」と圧倒されつつも、気さくに話しかける姿に惚れ惚れしたことを告白。「今でもずっと思っています。森久保さんみたいな男、大人、先輩になりたいって」と憧れの想いを語る。

その後も、蒼井が、新人の頃から飲みに誘ってくれる森久保の後輩想いの一面や、八代が、森久保のMC力を「これは芸術だなって思う瞬間が多い」と絶賛したりと、2人で森久保への尊敬を語って行くなか、話題は“お茶目な一面”に。

森久保のボソッと出る「(老眼で)よく見えーんだよ」などのおじちゃん発言に「素敵なおじちゃんだって思う」と話す蒼井に、八代も共感。「森久保さんってずっとかっこいいから、そんなことでもギャップでキュンってなりますよね」と語った。また、蒼井が酔っ払った森久保について「僕を目の前にして“しょーたん…かわいいな”って(笑)メロメロだったことを覚えてる」とエピソードを明かした際には、大爆笑の八代が酔っ払った森久保のモノマネを披露したりと、2人で愛のあるイジりを飛ばしていった。

さらに、“森久保に直してほしいところ”という話題では、八代が「森久保さんあんまり僕で笑ってくれないんです」と愚痴を吐露。デビュー当時から森久保にいまいちハマっていないことを明かし、残念がる八代にスタジオは再び笑いに包まれた。そんな八代に、蒼井が本人の前でモノマネした時の反応を問いかけると、イベントで目の前で披露した後、森久保から「やめないでね。やるならやり続けて」と言われたことが明かされ、蒼井は「それでいいじゃん!笑ってもらえなくたって!公認よ!」とフォロー。八代も「そう言っていただいたので、こうやってやらせてもらっています!」と誇らしげに頷いていた。

(C)AbemaTV, Inc.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?