ディーン・フジオカ、汚れてても美しい…待機中ショット

ドラマ『パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~』が16日、オフィシャルブログを更新。

女優の岸井ゆきのが撮影した汚れててもカッコイイ(!?)俳優のディーン・フジオカの待機中ショットを公開した。

本作は、最愛の妻を亡くした 警察官僚・小比類巻祐一(ディーン)が、科学界を離れた天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)と異色コンビとともに、アナログな人の力で捜査する元捜査一課の叩き上げベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)の三人による最先端科学犯罪捜査ファイルを描く。

この日、「一体何があったのか」と題してブログを更新した公式ブログは、絵文字やハッシュタグを交えながら「Season1 第6話よりあるシーンの撮影合間のコッヒー(#ディーンフジオカ)」「服が汚れていますが一体何があったのか…!?」「photo by yukino kishii #岸井ゆきの」とつづり、ビニールがかかったソファに顔も洋服も汚れた状態で休んでいる“待機中コッヒー”ショットを公開した。

最後は「\全話イッキ見できます/#パンドラの果実 Season1~2」「#Hulu で全話独占配信中!!」とお知らせし、ブログを締めくくった。

同じ内容がほかSNSにも投稿されており「汚れていても美しくイケメン」「お美しいコッヒー」「顔が汚れても素敵ってディーンさんしかいない」「それでもイケメン」「最強」「ズタボロコッヒー」「泥だらけのコッヒーにキュン」「どんなに汚れていても、美しい人は美しい」と悶絶の声や、「身の危険も顧みず…胸熱でした」「優しいハセドンに見つけてもらえて良かった」「面白い回でしたね」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?