ディーン・フジオカ、コッヒー家に勢揃いのオフショット

ドラマ『パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~』が27日、オフィシャルブログを更新。

小比類巻家で撮影した俳優のディーン・フジオカと女優の岸井ゆきの、俳優のユースケ・サンタマリアらの“和やかオフショット”を公開し、ファンから反響を呼んでいる。

本作は、最愛の妻を亡くした 警察官僚・小比類巻祐一(ディーン)が、科学界を離れた天才科学者・最上友紀子(岸井)と異色コンビとともに、アナログな人の力で捜査する元捜査一課の叩き上げベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ)の三人による最先端科学犯罪捜査ファイルを描く。

この日、「終始アットホーム」と題してブログを更新した公式ブログは、絵文字を交えながら「コッヒーのオシャレなお家に勢揃い」とつづり、暖かい日差しが差し込むテラスで笑顔でテーブルを囲むディーンや岸井、ユースケ、佐藤隆太、石野真子、吉本実憂の“和やかオフショット”を公開。「撮影の合間も終始アットホームな空気が流れいました」と明かした。

最後は「#パンドラの果実 Season1~2」「#Hulu で全話独占配信中!!」とハッシュタグを添えながら、お知らせした。

同じ内容がほかSNSにも投稿されており「笑顔が素敵」「season2の最終回の最後の和気藹々としたほっこりシーンのオフショット」「心和みました~」「素敵な温かい温もりを感じるテラスでのシーン」「ホッコリ」「最高なオフショット」「大好きなシーン」「とっても癒されました」「お家のシーン大好き」「コッヒーの家主様感が素敵過ぎ」「こんなテラス憧れる」「みなさん素敵」や、「続編期待してます」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?