かまいたち山内のあくなき願望「向井理さんになりたい」

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・かまいたちがMCを務めるレギュラー番組『ぜにいたち』を放送した。

本放送回では、もっと“ゼニ”を稼ぐ人生を歩むために、美容整形手術をする女性に密着。

とある調査結果では、「20代女性の4割が意識している」と回答した“美容整形”について、濱家隆一は「今はもう整形は普通になってきている」と率直な感想を話すと、相方の山内健司は「僕は去年シミ取りと顔をスッキリさせるボトックス注射をやりましたよ」と“プチ整形”体験を告白。

さらに、山内は「できれば思いっきり整形をしてみたい。俳優の向井理さんになりたい!」と胸に秘めた願望を打ち明けると、濱家は「無理や!首からすげ替えなアカン」と一刀両断し、笑いを誘った。

美容整形で生まれ変わりたいと願う女性にお笑いコンビ・ぽんぽこが密着。まずは、女性に整形決断のきっかけを聞くと、「小学生の時から高校生まで、ずっと『可愛くない』とイジメられてきた」とつらい経験を明かすと、高木ひとみ〇も「小学1年生の頃から体がすごく大きくて、小1なのに『小6』と呼ばれてイジメられていた」と共感。

心ない言葉によって、顔へのコンプレックスが高まり、決意を固めたことが明らかになったところで、いざ美容整形クリニックへ。カウンセリングを受け、自身のコンプレックスを相談し、24か所の施術をすることに決定。その総額は約564万円にのぼると、かまいたちの2人も「すごいお値段…」「これはすごいよ」と驚愕。

濱家は「カウンセリングを受けている時に尋ねていた『優しく見えますか?』のひとことで、これまでずっとそう言われていて、つらかったんやろうな…と思った」と女性の気持ちに寄り添い、山内も「『あの時やっておけば…』と後悔するよりも、チャレンジした方が後悔しなくて良い」と背中を押し、術後1か月経過した女性がスタジオに登場すると、女性の晴れやかな表情を見たかまいたちは「自信に満ち溢れてる」とあたたかく迎えていた。

(C)AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?