グラドル神崎紗衣が激白「私、すぐキスしちゃうんです」

4月16日、AbemaTVで『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#97が放送された。

『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』は、タレントの指原莉乃と、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した、普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく、女性のための恋の教科書番組。

この日の放送回では、「サイテー男&ヤリテー女ミックスSP」と題して、サイテー男から“エロメン”の東惣介、モデルの山ノ内ジャン、ホストのヤス、元ホストの京、バーテンダーの池上亮、そして通称“ヤリテー女”こと“男を手玉に取る経験豊富なやり手の女”から、グラビアアイドルの神崎紗衣、キャバクラ嬢の鎌沢朋佳、雀荘店員の園部琴子、VRガールのマルキド、お笑いコンビ・TEAM BANANAの山田愛実といったメンバーが出演。

4月は新生活の時期という事で、本放送回では“新しい”をテーマにトークを繰り広げた。

「恋愛の新ルールを決めよう」のコーナーでは、古い恋愛の価値観を見直して、出演者たちの新しい考えで“恋愛の新ルール”を決めていった。

バーテンダーの池上が「行為の直前に言われると性欲に勝てない。直後にOKしても結局続かないから」と提案した“H直前直後の告白は禁止”に、当初“却下”の札をあげた指原は「調子がいい感じがする」とコメントしたが、お笑いコンビ・TEAM BANANAの山田が「直前に告白してOKってなって、その後付き合って4日でフラれるみたいな事があるんです。だから、もしかしたら(ルールとして)決めた方が、女の人が傷つくリスクは減るのかなと思う」と力説すると、指原も「確かに!不幸な女性が増えるのはイヤだから」と思い直し、“採用”という判断を下した。

続いて“友達でもキスまでならOK”と提案したグラビアアイドルの神崎は、開口一番「私、すぐキスしちゃうんです」と発言し、スタジオ騒然。「キスって、いやらしい事が待っていると思うから、みんな『えーっ!』って言うだけで、ドーパミンも出るし、幸せにもなれるし、ストレスも軽減されるんです。だから、みんなもっとフランクな気持ちでキスした方がいい」と持論を展開。この神崎さんの“恋愛の新ルール”に、果たして指原さんはどうジャッジしたのか!?

気になる結果は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)