Jr.EXILEの新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」が始動!

EXILEの弟分グループ、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZら「Jr.EXILE」による新プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」が20日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われたTHE RAMPAGEのライブツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019 “THROW YA FIST”」で発表された。

本プロジェクトは、GENERATIONSを筆頭としたJr.EXILE世代による、新たな総合エンタテインメント・プロジェクトで、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BLLISTIK BOYZの4組が、それぞれの組み合わせによる楽曲を制作。「BATTLE OF TOKYO」のタイトル通り、楽曲やミュージックビデオでは、それぞれのパフォーマンススキルをぶつけ合い、互いのプライドをかけたコラボバトルを繰り広げる。

7月3日には4組によるアルバムをリリース。さらに、7月4日からは、千葉・幕張メッセで「Jr.EXILE」によるライブ「BATTLE OF TOKYO 〜ENTER THE Jr.EXILE〜」を、4日間連続で開催することも発表された。

4組、総勢38名に及ぶJr.EXILEは、来年デビュー20周年を迎えるEXILEに憧れてダンスを始めた世代の総称。多くのメンバーが、LDHの展開する総合エンタテインメントスクール「EXPG STUDIO」の出身。幼いころからEXILEのエンタテインメトを学び、EXILEの想いを継承する新世代アーティスト。Jr.EXILE世代による、新たな歴史の幕が開けた。

なお、「BATTLE OF TOKYO」の公式SNSも開設されているので、要チェック。

関連記事(外部サイト)