Blue Vintage 新曲「Hey Hey Hey」が先行配信&MV解禁!

フィリピン生まれサイパン育ち、ハワイで学生時代を過ごし自然と身に付いた多国籍な感性と日本人離れした歌唱力が魅力のJ.Speaksと、音楽業界に関わる父親の元に生まれ、ギターと共に人生を歩んできた生粋のギタリストTaigaの2人からなるBlue Vintage。

このたび、彼らのフルアルバム『BLUE』(6月19日リリース)より「Hey Hey Hey」が22日に先行配信された。「Hey Hey Hey」はプロデューサーに多保孝一(Superfly、三浦大知など楽曲提供)、D&H(EXILE SHOKICHI、湘南乃風など楽曲提供)といった豪華布陣を迎えた夏にぴったりのアッパーチューンである。

6月19日(水)にリリースされるフルアルバム『BLUE』には、映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」(5月31日より全国公開)の挿入歌に決定した書き下ろし作品「Loser」や、MVにバチェラー2代目・小柳津林太郎が出演し話題となった「Beautiful Woman」を含む計11曲が収録される。

なお、9月1日(日)にはアルバム『BLUE』発売を記念したワンマンライブ「This in BLUE」が開催される。

関連記事(外部サイト)