渡辺直美、濃厚な“オリーブオイルキス”に大興奮!

俳優たちの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショーの第3弾となる『恋愛ドラマな恋がしたい3』の第3話が5月25日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。

今回は、男性5名、女性4名の構成で、ペアに選ばれなかった男性は、稽古から参加することもできない“地獄”のルール設定が新設定として追加されている。

この日の放送では、番組に出演する井上雄太(以下、ユウタ/28歳)、岩永達也(以下、タツヤ/29歳)、近藤廉(以下、れん/23歳)、平井亜門(以下、あもん/23歳)、山口葵(以下、あおい/20歳)、麻木玲那(以下、れにゃ/24歳)、川津明日香(以下、あすか/19歳) 、さいとうなり(以下、なり/24歳)、前田悠雅(以下、ゆうが/20歳)ら若手俳優の男女9名が前回の放送でペアを組み稽古を積んだメンバーで、劇中で放送される恋愛ドラマ第2話のオーディションに挑む様子が放送された。

第2話で描かれるのは仕事と恋の狭間で揺れる料理人の男性と同僚の女性の恋物語がテーマの恋愛ドラマ。物語のラストでする、「オリーブオイルキス」が本作の見どころ。それぞれのペアは入念に台本を読み込み、練習を重ねた演出プランを持ち寄ってオーディションに挑むも、「全体的に出来が悪い」とぼろぼろに言われてしまう。

好意のない男性・れんと連続でペアになったれにゃは、演技指導の澤田育子先生に感情を見透かされたのか、「特にれにゃさんが、れんさんに告白をする設定なのに、キスをする二人に見えなかった」と厳しい評価が。

そんな中、「2人のキスが1番見たいと思った。」いう理由で主役カップルに指名されたのは、あおいとゆうがのペア。見事主演を勝ち取った2人は思わず手を握るような「手つなぎハイタッチ」で嬉しさが前面に込み上げる様子。軽い手合わせではなく、ゆうがから”ぎゅっ”と手を握るハイタッチの様子を見て、スタジオの小森隼は、シーンを再現しながら「俺、好き。手を握られちゃった!(と思いそう)」とドキっとしたあおいの男性の気持ちを妄想。

渡辺直美は「ぐっとやるのが良いよね。キスするのかと思った!」と2人の感情が溢れ出す行動に、きゅんきゅんすると興奮気味に見守っていた。

そんな、動き始めたあおいとゆうがの今後の演技と恋の行方にスタジオMCからも注目を集めている。

見事連続で主演に選ばれた、ゆうが。恋愛ドラマ第1話で想いを寄せるあもんとキスシーンを演じたにも関わらず、次のペア決めであもんに自分ではなくあすかを指名されてしまい傷心のゆうがは、その想いを振り切るかのように、「絶対に1話を超える2話を作ります!」と宣言し、撮影に挑んだ。

また、そんなゆうがに想いを寄せるあおいも「1回目のあもんさんとゆうがさんを超えたい」と意気込み、渡辺も「あおいかっこよくなった!」と言わしめるほどの男らしい顔つきで本番を迎える。ゆうがはあおいの唇にオリーブオイルを塗りながら「今日のレシピは、オリーブオイルとあおい」と甘いセリフと共に見つめ合った後、想いが溢れるような”濃厚オリーブオイルキス”を展開。まるで恋人同士のような雰囲気のキスにスタジオで見守っていたMC陣も「リアルだった」「この二人良い!」と大絶賛。

演技が終わった後、今度はお互いグーでハイタッチ。そんな様子を見て小森も「今日も平和だなと思った。」と2人の微笑ましい姿を見て歓喜。演技を終えてゆうがは「嬉しさがこぼれちゃう。今日始まる前より気持ちははっきりしている、気になる。」と気持ちがあおいに向き始めたかのような発言。

視聴者からも「すでに恋人同士みたい!」「好きという気持ちが溢れ出すキス!」「オリーブオイルキスが自然に見えるのが凄い」など絶賛の声が相次いだ。

渡辺に最高と何度も言わしめた“オリーブオイルキス”は、いつでも観たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンターテインメント「Abemaビデオ」にて無料で視聴できるので、ぜひお楽しみに。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)