Superflyが歌い上げる映画『プロメア』ED主題歌PVを解禁

人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007年)、「キルラキル」(2013年)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生!他に類をみない規格外の熱さ・スピード・革新的映像表現で観る人の魂を燃やし尽くす映画『プロメア』が大ヒット上映中。

本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に松山ケンイチ、

ガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一のW主演が実現!さらにガロの上司であるクレイ役に堺雅人、その脇を固めるケンドーコバヤシ、古田新太など作品を燃え上がらせる超豪華キャスト陣が集結!さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyが本作の世界観をイメージして書き下ろし、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせる。

このたび、Superflyが歌い上げるエンディング曲「氷に閉じこめて」を使用したエンディング主題歌PVが解

禁となった。もう一つの主題歌である「覚醒」はスタイリッシュでアクションシーンにさらなる熱を加える仕上がりに対し、「氷に閉じこめて」はバラードチューン曲となっており、「〈氷に閉じこめて〉の歌詞がやばいよ…Superflyさま…ってなるよ」、「プロメアのED、Superflyの「氷に閉じこめて」が本当に良いので早く家でも聴かせてくれ〜」、「プロメア主題歌のSuperflyさんの「氷に閉じこめて」が脳内エンドレス。めっちゃグッとくるいい曲なんですよー。」と絶賛の声が上がっている。

「氷に閉じこめて」は“叶わない恋”をテーマに制作された曲で、情熱的な者とクールな者というまさにガロとリオの関係性を表した曲となっており、対をなす二人の叶わぬ恋という切ない内容に。とてつもないエネルギーで展開される作品と対をなす優しい楽曲に、エンドロールで聞き入ってしまうこと間違いなし。そしてエンディング主題歌PVで流れる映像には新規カットも盛りだくさん!今まで解禁されてこなかったロボットでの戦いが描かれており、ガロとリオが操縦する〈リオデガロン〉とクレイが操縦する〈クレイザーX〉の壮絶な戦いを描いており、本作のスケールの大きさが伺いしれる。そして、松山・早乙女・堺の魂の叫びとも呼べる絶叫シーンも納められているなど、一度観た人はもちろん、まだ観ていない方も感じるであろう作品の放つ尋常ではないエネルギーに圧倒されるであろう。

今までの日本アニメからは一線を画す革新的な映像世界と熱いドラマ要素満載の物語で、日本発の世界基準のアニメーションに仕上がった本作。新時代の幕開けを告げる、映画『プロメア』に是非注目を。

関連記事(外部サイト)