大友花恋、『あなたの番です』役作りで苦戦…

女優の原田知世と俳優の田中圭がW主演する日本テレビ系4月期・7月期2クール連続ドラマ『あなたの番です』(毎週日曜よる10時半〜)に出演するモデルで女優の大友花恋が16日、オフィシャルブログを更新。役作りに苦戦したことを明かした。

同ドラマは、原田と田中が演じる一組の新婚夫婦が、引っ越し先のマンションで起きた超難解な連続殺人の謎に挑むノンストップ・ミステリー。

マイホームを手に入れ「穏やかで、幸せな暮らしが待っている」そう信じていたが、マンションの周囲で次々に人が死んでいく…!謎の連続死…その裏には、住民の間で行われたあるゲームがあった。それは、13人の住民がそれぞれ「殺したい人」を書いてその紙をランダムに引いたいく“交換殺人ゲーム”。隣人たちの疑心暗鬼の渦に飲み込まれる夫婦が、この連続殺人の謎に挑むというストーリー。マンション住人には、西野七瀬、袴田吉彦、片桐仁、安藤政信、木村多江、生瀬勝久ら、管理人には竹中直人と、30人近くのキャストが名を連ねる。大友は、201号室の住人・妹尾あいりを演じる。

この日4月期最終話となった第10話の放送前に「あな番第1章」と題してブログを更新した大友。「今夜はあなたの番です、第10話!10話は、第1章の最終回になります。前回のラスト、、、。早苗さんのとんでもない姿が炸裂してましたね!一視聴者として、とてもゾクゾクしました」と第9話を振り返った。

また、「この1週間、10話が楽しみで楽しみで本当に長かったです。周りの人からも、そういった言葉をかけていただくことが多く、そんな作品に参加できて嬉しいなあと改めて感じています」と心境をつづった。

しかし撮影当初は「あいりの性格や雰囲気を理解するのがとても難しく、、。散々考えて考えて考えて考えて。これでいいかな、あいりの思いや考えていることは伝わるかな」と役作りに苦戦していたようで、「1クールのドラマで考えると最終回を迎えるくらいのこのタイミングになるまでに段々と、あいりとして存在することの安定感というか当たり前感というか そういったことを心から感じられたり、OAを見るときに純粋に物語に没頭できるようになったり」と現在は徐々に役に寄り添えるようになったことを明かした。

続けて「慣れ、という言い方が正しいのかはわからないけれど あな番の世界に、自分がすっかりはまれるようになったことが本当に嬉しいです」と喜びをつづり、「そんなこんなで第1章の最終回。ほんっとにおもしろいです」「やっぱり、ドラマというエンターテイメントっていいなあと、わくわくしながら台本を読みました。ぜひ、見てください!!」と呼びかけ、自身の写真を公開しブログを締めくくった。

これに対してファンからは、「先週の終わりが大変な状況で続きが気になって気になってしょうがなかった 早く観たい」「あと1クール撮影頑張ってね!」「1クールのオチには、ぶったまげました」「もう折り返しかー早すぎる!!」などのコメントが寄せられている。

『あなたの番です』特別編が、6月23日(日)よる11時00分〜放送予定。

関連記事(外部サイト)