倉科カナ、“まったく関係ない”オフショットに反響!

7月10日から放送開始する俳優の東山紀之主演のテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(水曜よる9時〜)の第5シリーズに出演する女優の倉科カナが6日、オフィシャルブログを更新。“まったく関係ない”オフショット公開にファンから反響を呼んでいる。

同ドラマは2015、2016、2017、2018年の7月期にそれぞれ第1〜4シリーズを放送。東山演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なエキスパート7人が凶悪犯罪や未解決事件に挑む。倉科含む田辺誠一、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也といったおなじみのキャストが今シーズンも引き続き出演する。

「女王蜂live」と題して更新したブログ。倉科は、現在、全国ツアー「2019 『十』 -火炎-」を行っている4人組ロックバンド・女王蜂のライブに行ったことを明かし、「凄かった〜!アヴさんをはじめメンバーの皆さんから大量エネルギーが放出されていて、終始圧倒されてしまいました。全ての境界線を壁をセオリーを女王蜂はこれからもどんどん壊して超えていくんだろうなー。。かっこいいな〜!!!」と興奮冷めやらぬ様子で綴り、「皆さんも、良かったら聴いてみて下さい^ ^」と呼びかけた。

続けて、「Ps.写真は刑事の撮影の合間にラーメンを食べに行った時のものです。。」と綴り、「女王蜂とはまったく関係なくて申し訳ない。。」とつけ麺を前に笑顔になっている“まったく関係ない”オフショットを公開しブログを締めくくった。

この投稿にファンは、「とてもステキな時間となり、よかったですね」「女王蜂を聴いた事がないので聴いて衝撃を受けてみます」のコメントや、「つけ麺美味しそう!」「全然ぜんっぜんいいんですよ〜」「カナちゃんのお顔が見れるだけとっても嬉しいかわいい」「カナちゃん嬉しそう」「あ〜ラーメン食べたい〜笑」「ぱっつんカナちゃんが可愛すぎます」「可愛すぎる」などの声も相次いでいる。

関連記事(外部サイト)