那須川天心「どんどん強いやつと戦って“最強”目指す」

7月21日にエディオンアリーナ大阪にて開催した『RISE WORLD SERIES 2019』の模様がAbemaTVで独占生中継された。

本大会のメインイベントには、現RISE世界フェザー級王者・那須川天心選手が登場し、昨年大激闘を繰り広げ辛くも判定勝利した“因縁の宿敵”、タイ王者のスアキム選手と激突。前日記者会見では、「この日のためにやるべきことをやってきました。今は自信しかないです。内容にもこだわって圧倒的に勝ちたい。コスチュームから入場まで、全てをド派手に魅せたいと思っているので、ぜひ期待していてください」と意気込みを語っていた那須川選手は、大阪仕様の“トラ柄”コスチュームで登場。

第1ラウンドでは、那須川選手が距離をとりながらも確実に先制の打撃を当てると打ち合いにも応じる余裕を見せる。

第2ラウンドは、やや天心側に傾きかけた流れに少し焦りを感じたスアキム選手が距離を詰め寄る形で試合に動きが出始め、決着の予感が漂う。そして迎えた第3ラウンド。両選手の距離が一気詰まると、試合後の天心選手は「粗さが見えて絶対に当たると思った」と話した一撃、胴回し回転蹴り!

これがスアキム選手の眉間を直撃し、骨が見えていたという深い傷を作ると、流血は止まらず、結果はそのまま那須川選手のTKO勝ち!

試合後のコメントで那須川選手は、「今回は色々試そうと思って打ち合った結果、何発かパンチをもらってしまったけど、こういう(試合の)スタイルも経験できたので、もっと強くなれたと思います。9月16日の幕張決勝は日本人対決です。ぜひ応援にきてください!これからもどんどん強いやつと戦って“最強”を目指します」と、決勝への意気込みを語った。

選手たちによる手に汗握る、白熱した試合の数々は、Abemaビデオにて無料で視聴ができるので、ぜひチェックを。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)