「足が速くなるダンス」50m走で最大2.6秒速くなった例も

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、「SOMPOダンスプロジェクト」の一環として、大阪府大阪市の柏里小学校にて『足が速くなるダンス』にチャレンジする企画を実施した。

本プロジェクトでは、公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会(NSSA)と提携し、ダンスを通して子供たちの健やかな成長をサポートしてる。その一環として、足が速くなるためのトレーニングを楽しい振り付けに落とし込んだ『足が速くなるダンス(SOMPOバージョン)』を開発。

今回は柏里小学校に協力いただき、1ヶ月間、児童92名が『足が速くなるダンス』にチャレンジした。

同校では、NSSA公認インストラクターが直接『足が速くなるダンス』を指導。体育館に集まった児童たちは、一生懸命ダンスに取り組んだ。中には運動に苦手意識のある児童や、ダンスに親しんでいない児童も見られたものの、楽しく踊れる振り付けに「最初はちょっとむずかしいダンスと思っていましたが、やっていくうちに楽しくなっていきました」と話し、学校や家庭で積極的に取り組む姿も。

1ヶ月間のチャレンジ終了後に50メートル走のタイムを計る記録会では、ダンスを始める前よりも平均0.17秒タイムが縮まり、最大で2.6秒早いタイムを記録した児童も見られた。“足が速くなった”ことに喜ぶ児童も多く、「楽しいリズムダンスを教えてくれてありがとうございました。おかげで足が少し速くなりました」という声があがっていた。

速く走れるようになるためには、足の回転数を上げる、歩幅を上げる、安定した姿勢を保持することが重要。単純な動作の繰り返しや言葉での指導が多くなりがちなこれらのトレーニングを、より楽しく自然に行えるように、大学とNSSAの共同研究により開発されたのが『足が速くなるダンス』。

このダンスは、足が速くなるためのトレーニング要素を含んだ振り付けで構成されており、子供たちに自ら率先してダンス授業に取り組むことを目指している。

『足が速くなるダンス』練習用動画では、NSSAの山際加那先生がポーズに分けてコツを説明。初心者でもわかりやすい解説で、楽しく練習できるので、ぜひチェックしてみては。

また、今後も教員向けの研修会や児童向けの出張授業を展開していく予定とのこと。

■教員向け研修会のスケジュール

7月30日(火)奈良県 生駒市図書会館

8月1日(木)群馬県 吉井運動公園体育館、愛媛県 松山市 清水公民館

8月2日(金)大阪府 大阪市立柏里小学校

8月5日(月)大阪府 吹田市立片山市民体育館

8月6日(火)東京都 国立オリンピック記念青少年総合センター

8月8日(木)埼玉県 さいたま市 西部文化センター

8月20日(火)東京都 国立オリンピック記念青少年総合センター

■児童向け出張授業

山形、東京、愛知、大阪、広島、高知、福岡、沖縄(8エリア、全10回)の実施。詳細な実施日程は後日発表。

関連記事(外部サイト)