仮面女子・猪狩ともか、初主演映画の上映イベントを開催

バリアフリー・フィルム・パートナーズは、映画『リスタート:ランウェイ〜エピソード・ゼロ』を製作し、9月20日(金)に「資生堂グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク)」にて完成披露上映イベントが開催される。

主演の猪狩ともか(仮面女子)ほかキャストが舞台挨拶に登場。本作は、9月末からインターネット配信を開始予定で、その後各地にて上映会をおこなっていく予定。

強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷のため車椅子生活となったアイドルグループ「仮面女子」猪狩の新たな挑戦は、映画初主演。4ヶ月でアイドルとして復帰を果たして話題を呼び、数多くのテレビ出演などで注目を集める中、本作では手だけを使った車の運転を習得し、実際にスポーツカーを運転して果敢に撮影に挑んだ。

猪狩が演じるのは、父親の影響でカーレーサーになることを夢見ながら、交通事故により車椅子生活になったひきこもり女子・ヒナタ。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどのベテラン・手塚理美が、そんなヒナタを温かな眼差しで見守る母親役を愛情豊かに演じる。

『ヘヴンズストーリー』 『リリィ・シュシュのすべて』などの鬼気迫る演技で存在感を放つ忍成修吾が、本作ではヒナタの車を改造する整備士・茅野役で爽やかな笑顔をみせる。ダンサー、TVドラマや舞台などで多才さを発揮している大澄賢也は、伝説のレーサー・神栖をミステリアスに演じた。

さらに、ヒナタの姉イツミ役・桜のどかと、妹のナナ役・涼邑芹(仮面女子)が、独特な三姉妹の風合いを表現している。魅力あふれるキャスト達がバラバラだった家族の再生の物語を紡ぎ出してゆく、心温まるヒューマンドラマに仕上がっているので、乞うご期待。

関連記事(外部サイト)