バナナマン日村、こどものアンコールに応えるも撃沈!

9月18日、AbemaTVで『日村がゆく』#113が夜9時から放送された。

同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組。

この日の放送回では、お笑いトリオ・東京03の角田晃広が助っ人として登場し、日本の未来を担う“こどもたち”を笑わせるために、こどもが爆笑する歌を作曲する「こども爆笑ソングを作ろう!」企画を実施した。

早速、日村と角田は、“こども爆笑ソング”のテーマ決めに取り掛かり、 “おなら”や“おっぱい”など、こどもたちが喜ぶテーマの中から、ダントツ人気の“うんこ”を今回のテーマに決定。

続いて、番組スタッフが考えた“こどもが爆笑するうんこフレーズ”を見ていく2人だったが、スタッフから「実は角田さんにメロディをつけてきてもらいました!」と報告があると、「角ちゃんはどこまで知ってんの?じゃあ(テーマ決めで)最後、“うんこ”に着地することは知ってた?」という日村の問いに、角田は「俺はね、知ってた」と返し、一同の笑いを誘った。

そして、角田が曲をつけた“うんこフレーズ”の中で、どのフレーズがウケるのか、実際にこどもたちの前で披露し、検証をすることに。

「どーもー!こんにちはー!」と、こどもたちの前に飛び出した2人は手始めに、「うんこが1本〜!うんこが1本〜!2本合わせて〜うんこが1本〜!」と1フレーズのみを披露して退散。日村さん「ウケるはウケるんだよ。すごいお客さんのコンディションもいいっていうかね」と1度目のステージの感触を語り始め、「ただどうなんだろうな。もっとくると思ったな、俺は」と話し、さらにウケるように改良を重ねた。

2度目のステージでは、「うんこおじさんで〜す!」と自己紹介からスタートし、「今から、うんこ足し算いくよ〜」と語りかけ、こどもたちの心を掴んでいく日村と角田。ステージから戻り、「すごい手応えいいよね」と話す日村と角田に、スタッフは全くこども向けではない“茶色いうんこ普通のうんこ、白いうんこバリウムうんこ”というフレーズも「実験してみては?」と提案。

日村は「今日のお客さんならいける」と自信たっぷりに答え、3度目のステージへ。

そこで聞こえてきたのは「うんこおじさん!うんこおじさん!」という、こどもたちからの“うんこおじさん”コール。

意気揚々と登場した日村は「みんなのうんこって何色なの?」と質問を投げ掛け、 “バリウムうんこ”のフレーズを披露。こどもたちは、またしても大爆笑。そして、3度目のステージを終え、控え室に戻った日村と角田は、こどもたちの“うんこおじさん”コールが聞こえ、アンコールに応えることに。

4度目となったステージでは、日村が「最後まで盛り上がるぞ〜」声を掛けて盛り上げたが、何度も同じフレーズを聞いて飽きてしまったのか、こどもたちの反応はイマイチ。しかし、ステージを降りると再び「うんこおじさん!」と、まさかのダブルアンコールが聞こえてきて…。

これ対し、角田は「確実に、今アンコールで行って歌った後のリアクション薄かったですよ」と話し、一同は大爆笑。日村も「ウケてないんだよ。全然引いてんだもん」と嘆くように語り、さらに笑いを誘った。

その後、「新曲じゃないとダメだよ」と落ち込む日村に、スタッフが新曲を作ってきたとの報告が。今のご時世を考慮し、“うんことコンプライアンス”を合体した『うんコンプラ』という曲が発表されると、角田がすでに作曲済みであることも明らかに。さらに曲のアレンジには、バナナマンや東京03のライブ等で曲を手がける音楽プロデューサーのカンケが登場し、こどもたちの前で『うんコンプラ』を初披露しますが…。

果たして日村と角田はこどもたちの心を掴むことはできたのか!? まさかの結末を迎えた『うんコンプラ』披露の模様は、Abemaビデオにて放送後7日間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)