東洋の魔女と女子バレー日本代表の対決動画が話題に!

日本生命保険相互会社(以下、NISSAY)は、バレーボール女子日本代表選手出演Web動画「東京2020オリンピック『よみがえる東洋の魔女』篇」を公開した。

本動画には、バレーボール女子日本代表・石井優希選手、井上琴絵選手、奥村麻依選手、佐藤美弥選手、新鍋理沙選手、田代佳奈美選手、宮下遥選手、山岸あかね選手、渡邊彩選手9名が出演し、あるチームと対戦。そのチームとは、東京1964オリンピックで優勝し、「東洋の魔女」と呼ばれ、日本中を熱狂させた1964年時点のバレーボール女子日本代表。

東京2020オリンピックで日本中を熱狂という“魔法”にかけるための術を東京1964オリンピック“東洋の魔女”から受け継ぐというストーリー。「東洋の魔女」として実際に活躍した谷田絹子選手、半田百合子選手、松村好子選手らのプレーは、アニメによって再現。“時間差攻撃”や鉄壁のディフェンスといったお家芸に対して、現役の日本代表選手が真っ向から立ち向かっていく様子を描き出しており、アニメと実写によって、時代を超えた夢の対決を映像化。選手たちの華麗なプレーやアニメならではの描写などが見どころとなっている。

選手同士の握手や選手たちが集合する様子といった “東洋の魔女”から現役選手に魔法を引き継ぐかのような演出も盛り込み、再び金メダルを目指す選手たちにエールを送る。また、現(2019年度)バレーボール女子日本代表と“東洋の魔女“の共演は今回の動画が初となる。

また、メイキング動画にはバレーボール女子日本代表選手が撮影に臨む真剣な様子はもとより、合間に見せる自然な表情も収めている。今回の動画で“東洋の魔女”とは初共演となった現役選手は、「鳥肌が立ちました」と恐縮しきり。また、特別に、“東洋の魔女”の方々には東京1964オリンピックの金メダルを持参。現役選手は実際に金メダルに触れたり、首に下げて記念撮影をしたりと、“東洋の魔女”の方々との交流を深める一幕も。未だ失われない金メダルの輝きに興奮しつつ、「自分たちも」と改めて気合を入れていた様子など、こちらも見どころ満載となっているので、ぜひチェックを。

関連記事(外部サイト)