ネクストブレイク女優・小西はる、恐怖の地下鉄に迷う…

大阪市高速電気軌道株式会社は9日、ハロウィン限定コンテンツとして『Osaka DARK Metro』を公開した。

『Osaka DARK Metro』は、異世界を不気味に走っている”恐怖の地下鉄”。普段、表の世界に姿を見せることはないが、ハロウィンの時にだけOsaka Metroの駅が『Osaka DARK Metro』への入り口になる、という設定。クレイジーな駅や電車を、クレイジーな職員たちが管理しています。そんな『Osaka DARK Metro』の世界観を、WEBサイト上や動画、ポスター、リアルイベントにて体験できる企画となっている

彼らの世界に迷い込んでしまった女子高生に、「改札機にタッチすると、無数の手が掴みかかってくる」などといった様々な恐怖体験が降りかかる…。

今回の動画で女子高生役を演じた小西はるのインタビューが到着!

――今回の動画に出演した感想をお聞かせください。

小西:オーディションでコンテを見た時に、絶対女子高生役をやりたいと思っていました。「決まった」と報告を受けた時は本当に嬉しかったです。撮影中もハードなスケジュールだったはずなのに、現場のスタッフさんは全く疲れを見せず笑顔で明るくて、素敵なみなさんとご一緒できたことが嬉しかったです。

――Osaka Metroでの思い出はありますか?

小西:オーディションなどで東京に行く時に、Osaka Metroを使って新大阪駅に向かっていました。到着するまで、必死にセリフなどを確認していたので「次は新大阪です」のアナウンスが聞こえると、東京までまだまだなのに、緊張していました。今でも車掌さんの「次は新大阪です」のアナウンスを聞くと思い出して緊張してしまいます(笑)

――ご自身でこの動画のように見知らぬ所へ迷い込んでしまうような怖い体験をしたことはありますか?

小西:今回の撮影中に一人でお手洗いに行ったのですが、撮影場所に戻る際に迷ってしまいました。誰かの足音は響いているし、更に地下で電話の電波もなかったので誰とも連絡も取れず、ビクビクしながら撮影場所を探しました。結局響いていた足音はOsaka Metroの駅員の方で、迷っている私をお忙しい中撮影場所まで案内してくださいました! その後、スタッフさんもお手洗いからの帰り道がわからなくなっていたので、やっぱり迷っちゃいますよね(^_^;)という気持ちになりました。

――ハロウィンはどのように過ごしますか?

小西:まだ怖い系の仮装はしたことがなくて。。。なので、今年は挑戦してみたいですね…! 口裂けとか!

――ハロウィンのオススメの過ごし方は?

小西:昨年はBKBさんの仮装をしました。仮装というよりものまねの方が近かったかもしれないです(笑)。なので沢山の方に「BKBやん!」というような声をかけていただきました。SNSに写真をあげたら、ご本人が気づいてくださって「いいね」をいただきました!

――今回の動画のオススメポイントは?

小西:沢山ありますが、やはり驚いた時の顔です。私もまだ見れていませんが、すごい事になっていると思います(笑)。是非注目してほしいところです。あと、ラストのシーンも!よろしくお願いします。

――今後チャレンジしたいことは?

小西:今回の動画の続編です。次回は走り回る系に挑戦したいです。

――今後の活動について教えてください。

小西:10月15日よる10時からTBSにてスタートする「G線上のあなたと私」というドラマに出演させていただきます。沢山共感できる素敵なドラマになっています。「G線上のあなたと私」もOsaka Metroも、よろしくお願い致します。

関連記事(外部サイト)