K-POPアイドルの卵が『第3次ポプ戦』に参戦!

AbemaTVは、AbemaSPECIALチャンネルにて、『第3次Popteenカバーガール戦争』#3を10月18日夜10時より放送した。

『Popteenカバーガール戦争』は、ティーン支持率No.1のガールズファッション誌『Popteen』との公式連動企画となり、雑誌『Popteen』において“専属モデル”の1つ下のランクに位置する、いわば2軍の“レギュラーモデル”が、様々なバトルに挑戦しながら自分を磨き、『Popteen』の表紙を飾る“カバーガール”を目指していく、サバイバルリアリティーショー。

この日の放送では、韓国から、K-POPガールズグループの卵だというシユンと、“タルちゃん”こと福富つきが新メンバーとして参戦することが明らかになり、レギュラーモデル4期生の“いちきゃん”こと一華、“みかん”こと樽井みか、“のんち”こと小泉のん、“れあぱぴ”こと権隨玲、“ゆめぽて”こと川端結愛、“まりくま”こと熊谷真里の6人と、新メンバーの“こはるん”こと黒江心温、“じゅらむ”こと佐藤樹里、“ありぽん”こと菅井純愛、“あやもち”こと橋本彩花、“みちゅ”こと長谷川美月、“るねちょ”こと堀越琉音、さらにシユンとタルちゃんを加えた8人、総勢14人による、オープニングムービーのセンターの座をかけた“センター争奪ダンスバトル”を実施した。

今回のダンスバトルでは、下位2人がオープニングムービーから脱落となる過酷なルールとなり、1次審査では14人の中から、6人のメンバーが選ばれることに。振り付けを手がけたダンサーのMARが審査員を務め、「センターをとりたい気持ちがより強い子を選びたいと思います」と目を光らせる中、まずはレギュラーモデル4期生の6人が、続いて新メンバーの6人がダンスを披露した。これまでで1番と言えるほど、難易度の高い振り付けを踊って見せた『第3次ポプ戦』メンバーに、『第2次ポプ戦』でセンターを務めた『Popteen』専属モデルの“あやみん”こと福山絢水は、「今までのポプ戦とは全く違う。プロが踊ってるような感じ…。みんなの“センターをとりたい”という気持ちが伝わってきました」とコメント。

そして、それまで別室で待機していたダンス歴8年のシユンと、ダンス歴10年タルちゃんが登場し、

レベル違いのダンスを披露すると、2人のダンスを見ていた専属モデルの“リコリコ”こと莉子は

「それまではめちゃくちゃ可愛い感じなのに、踊った瞬間“シュッ”みたいな…。スゴすぎて震えた…」と驚きを口にした。

ダンスバトル1次審査では、タルちゃん、シユン、こはるん、ゆめぽて、みちゅ、ありぽんの上位6人が審査通過となり、続く2次審査では2人ずつのペアでダンスを披露した。シユンとみちゅ、こはるんとありぽん、タルちゃんとゆめぽての、3組に分かれて行われた2次審査では、タルちゃん、ゆめぽて、みちゅの3人のセンター候補が選ばれ、いよいよ本番組オープニングのセンターを決める、最終決戦へと駒を進めた。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)