岡田健史がヒロインを助ける男らしい姿に視聴者ドキッ!

岡田健史が主演をつとめるAbemaTVのオリジナル連続ドラマ『フォローされたら終わり』の第3話と第4話が、11月3日夜10時より放送された。

『フォローされたら終わり』は、とある行動がきっかけで秘密にしてきたすべてが丸裸にされてしまう超絶危険な“SNSサスペンスドラマ”。2018 年の「中学聖日記」で鮮烈なデビューを飾り、いま最も勢いがある俳優、岡田が本作で連続ドラマ初主演をつとめる。

この日の放送では、初回放送に続き、視聴者から多くのコメントが寄せられており、小川紗良演じるゆまがSNSで誹謗中傷を浴びるシーンには、「めっちゃリアル」「よく炎上炎上っていうけどホントこういうことだよな」など、ドラマの展開と現実世界を重ねるような声が寄せられ、岡田が小川を助けに自宅へ向かうシーンでは、「カッコよすぎて苦しい!!」「私も岡田くんに助けられたい…」「こんな助けられ方したら好きにならない訳がない」と歓喜の声や羨む声が。

また、犯人予想の投稿も更に多くみられ、「今の視線が怪しい」「高校生の頃の話が大きくかかわってくる気がする」など、視聴者のさまざまな視点での考察や、番組公式Instagramアカウント『元2‐3青高いつめんに投稿された写真を材料として考察をする様子なども多くみられた。

自分の結婚式で、何者かにマッチングアプリやSNSの裏アカウントを晒された一ノ瀬純子(松田るか)は、ウエディングドレス姿のまま橋から飛び降り、意識不明の重体に。後日、次は青柳ゆま(小川)が百万円社長からフォローされ、100万円の当選通知が届く。その直後から、「投身自殺をした花嫁の美しすぎる友人」としてゆまの写真がSNS上で拡散されはじめ、一躍時の人に。さらに、ゆまがPRを担当する人気ユーチューバーのミズキ(猪野広樹)との熱愛関係が噂になり、その謝罪会見をミズキが自分のアカウントで始めてしまい…。

ゆまが意図せぬタイミングで急激にSNS上で話題になっていく展開に視聴者からは、「これは現実の映し鏡…」「時の人ってこうやって出来上がるんだね」など、現実でも大いにあり得る話に共感の声が多く寄せられた。

ミズキとの熱愛関係の噂を皮切りに、誹謗中傷が次第にエスカレートし、精神的に追い詰められるゆま。私生活だけでなく、職場の上司からも仕事・SNSへの投稿を自粛するよう指導が入る。さらに、等々力ちはる(横田真悠)の投稿で、ゆまはSNS上で自宅の住所を特定されてしまい、自宅に見知らぬ人が押し掛けるように。ゆまを心配する壮太郎だったが、上田太陽(ゆうたろう)、新藤伸信(犬飼貴丈)に介入を止められ葛藤する。しかし、高校時代にSNS上に苦しめられた自分が、新藤と姫野先生(おのののか)に救われた過去を思い返し、壮太郎はゆまのもとへ駈け出した。

視聴者は、「今回もまた一気に天と地を見た」「このスピードで進んでいったらこの先どんな展開が待ってるんだ」「このスピード感くせになる!」など、初回から変わらないスピード感のある展開に圧倒されるコメントが多くみられた。さらに、第4話の終わり方から「壮太郎とゆまの関係がこれから一気に動きそう」「見つめ合った2人、このまま何かあるかも?w」「次回胸キュンシーンに期待」という、岡田さんと小川さんの恋模様の進展に期待を寄せる声も多くみられた。

AbemaTVだからこそ描くことのできる、圧倒的スピード感とスリリングさで繰り広げる、“SNSサスペンス”ドラマ『フォローされたら終わり』は、Abema ビデオで無料配信中なので、ぜひチェックを。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)