働く女性の「冬のボーナス事情」気になる支給額1位は…

セイコーウオッチ株式会社は、20代〜40代の働く女性500名を対象に「冬のボーナスと自分へのご褒美」に関する調査を実施。このたび、その結果が発表されました。

12月が迫るこれからの季節、ボーナスのことを考えるビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。今回は、働く女性に、今年の冬のボーナスをテーマにアンケートを実施。まず、今年の冬にボーナスの支給予定について聞いたところ、8割以上の人が「(ボーナスをもらう予定が)ある」(86.0%)と回答。

次に、支給額について掘り下げて調査してみると、最も多いのは「10万〜30万円未満」(33.3%)、続いて多かったのは「30万〜50万円未満」(22.3%)、「50万〜100万円未満」(15.3%)という結果に。

1年間の終わりに支給されるボーナスは、頑張った自分をねぎらうための買い物に充てる人も多いのではないでしょうか。そこで、冬のボーナスをもらう人を対象に、“自分へのご褒美”を買うかどうかをたずねてみると、約半数が「買う」と回答。また、買い物の予算については、「1万〜10万円未満」(67.8%)が半数以上でした。

では、頑張った自分へのご褒美として、ボーナスで買いたいものを聞いてみると、最も多かったのは「服」(50.3%)、その後には「旅行」(35.5%)、「腕時計、アクセサリー」(33.9%)といった回答に票が集まりました。自分へのご褒美には、ファッションアイテムなど、仕事やプライベートで身に着けて自分自身のテンションが上がったり、自分を高めたりするものを買いたい人が多いようです。

また、来年頑張りたいことについて聞いてみると、最も多いのは「仕事」(18.4%)、その後には「趣味」(16.2%)、「子育て」(12.6%)といったプライベート面を充実させるための回答が続きました。働く女性にとって、仕事は優先度が高いことが見て取れました。また、子どもがいる女性は、来年こそ仕事と子育てをうまく両立させたいと感じている人も多いのではないでしょうか。その他には、「節約」や、「運動・トレーニング」「ダイエット」「自炊・料理」といった、健康や体調管理をイメージさせる項目に票が集まりました。

続いて、仕事を頑張る働く女性にとって重要なアイテムである“腕時計”をテーマに、アンケートを実施。まず、普段腕時計を身に着けているかどうかを聞いてみると、「毎日身に着けている」(21.2%)、「ほぼ毎日身に着けている」(19.8%)、「時々身に着けている」(21.0%)と、6割以上という結果に(62.0%)。

すでに身に着けている腕時計の色は「シルバー」が群を抜いて多かったですが、挑戦したい・買いたい色については、1位が「シルバー」(24.6%)、2位が「ゴールド」(18.0%)と様々な意見が。最後に、定番のシルバーの次に挑戦したい色として人気が高かったゴールドの腕時計に対するイメージを調査。すると、「華やか」(54.4%)という回答が最も多く、その他には「大人っぽい」(29.8%)、「女性らしい」(29.0%)という回答に票が集まりました。

今回実施した調査では、ゴールドの腕時計に対して「華やか」「大人っぽい」「女性らしい」というポジティブな意見が多かったものの、一部「シーンを選ぶ」「ファッションと合わせるのが難しい」と、ハードルが高いイメージを持つ人もいることが分かりました。

「セイコー ルキア」は、そんな方々のイメージを覆すような、シーンを選ばずにどんなファッションにも合わせやすく、上品な華やかさを演出してくれる「レディゴールド」の時計をラインナップしているので、頑張った自分へのご褒美の選択肢としていかが?

関連記事(外部サイト)