ゴルフのおかげで“仕事”がうまくいった人は何割いる!?

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(以下「GDO」)は、ゴルフをする、全国の20代から50代の会社員500名を対象に「ゴルフ」に関する調査を実施。このたび、その結果が発表されました。

まず、ゴルフを始めるきっかけになった人や影響を受けた人について質問した結果、全体で回答が多かったのは、「職場の同僚(36.6%)」「友人・知人(32.2%)」「家族(23.2%)」でした。性別で見てみると、男性で最も回答が多かったのは「職場の同僚(43.2%)」であったのに対し、女性で最も多かったのは「家族(36.4%)」と、男女で違いが見られました。

さらに、一緒にゴルフをすることが多い相手について調査してみると、半数以上の人が「友人・知人(57.0%)」「職場の同僚(53.8%)」と回答。また、「仕事の取引先の人(26.4%)」と回答した人は4人に1人以上みられ、いわゆる“接待ゴルフ”を行っている人も多いことがうかがえました。

先述した性別で見られる違いも踏まえると、男性の場合は、職場の同僚や取引先の人の影響でゴルフを始め、継続する人が多いことが考えられます。

次に、ゴルフをする会社員のスコアはどのくらいなのかを知るために、過去のベストスコアについて質問。その結果、最も多かったのは「90〜100未満(24.8%)」でした。また、一般的にゴルフがうまいとされるスコア100を切っている人は、全体の半分ほどということが明らかに。また、中には70未満というプロ並みの人も一定数いました。

また、スコア100を切る、いわゆるゴルフがうまい人を年収別で比較してみたところ、年収400万円未満の人では、100を切っている人が38.7%だったのに対し、年収800万円以上の人では70.8%と、年収が高い人の方がスコアが良い傾向が見られました。年収が高い人は、金銭的に余裕があるため頻繁にゴルフに行けるということや、仕事の付き合いでゴルフをする機会が多いことなどがイメージできます。

ビジネスのコミュニケーションツールとも言われるゴルフですが、実際に会社員の方々はどの程度ゴルフをビジネスに活用しているのか…ゴルフを通して、上司や同僚と仲良くなったと感じるかどうかを質問してみた結果、16.6%の人が「とてもよく感じる」と回答。「そう感じる(36.4%)」「どちらかというとそう感じる(32.4%)」と回答した人と合計すると、8割以上の人が、ゴルフを通じて同僚や上司と仲良くなっていることが分かりました。

次に、ゴルフのおかげで仕事がうまくいった・円滑に進んだ経験があるかどうかを質問。その結果、6割以上の人が経験があると回答(63.2%)。さらに経験があると回答した人を対象に、エピソードも語ってもらいました。すると、「10回飲みに行っても取れなかった仕事が、1回のゴルフでうまくいった」「ゴルフをした後に、進めていたプロジェクトの協力を得ることができた」など、ゴルフがビジネスに良い結果を与えた具体的な体験談が数多く集まりました。

■ゴルフのおかげで、仕事がうまくいった・円滑に進んだエピソード

・10回飲みに行っても取れなかった仕事が、1回のゴルフでうまくいった(神奈川県・40歳男性)

・上司とゴルフの話ができることで、仕事の話もスムーズに話せるようになった(東京都・29歳男性)

・ゴルフでコミュニケーションがとれ、気軽に相談できるようになった(愛知県・29歳女性)

・ミスしても許された(東京都・37歳男性)

・ゴルフを話題に飲み会が盛り上がった(東京都・29歳女性)

・取引先の人がゴルフの話を始めたら何時間も話すのでやっていて良かったです。とても共感できる事も多く、今ではお得意様になっています(東京都・49歳男性)

・商談相手の取引先の方とゴルフをした後に、進めていたプロジェクトの協力を得ることができた。その後、そのプロジェクトは成功した(大分県・41歳男性)

・普段関わらない同じ会社の人や、他の会社の人と知り合いになれた(東京都・29男性)

・取引先の人と親密になり、それによって提案を受け入れてもらいやすくなった(東京都・23女性)

・担当してすぐのころ、取引先とのコンペに参加させてもらい、そこで名前を覚えてもらえた(兵庫県・29女性)

さらに、後半では、クラブやウェアなどゴルフに必要なグッズをそろえるために、どのくらい金額をかけているのかについて調査したところ、最も票が集まったのは「10万円〜20万円未満(22.8%)」。続いて多かったのは「5万円〜10万円未満(21.8%)」、「1万円〜5万円(15.2%)」でした。約7割の人が、20万円未満でゴルフ用品を一通りそろえているようです。

次に、現在ゴルフに対して、1ヶ月あたりどのくらい金額をかけているのかを回答してもらいました。その結果、約半数近くが「1万円〜3万円未満(47.8%)」と回答。続いて多かったのは、「1万円未満(28.8%)」でした。毎月の出費と考えると決して安くはない金額ですが、趣味の息抜きや仕事のパフォーマンスの向上に繋がることを考えると、有意義なお金の使い道とも考えられます。

さらにバブル期(1986〜1991年)にゴルフをしていた人を対象に、1ヶ月あたりにかけていた金額を質問してみると、バブル期は現在と比較して「1万円〜3万円」の割合が低く、さらに増額した「3万円〜5万円未満」と「5万円〜10万円未満」の割合が高い結果に。やはり消費が活発だったバブル時代には、ゴルフにもお金をかけていた人が多いようです。

最後に、「一緒にゴルフコースを回りたい芸能人」についてアンケートをとったところ、女性芸能人の1位は新垣結衣(22.0%)、2位は綾瀬はるか(16.8%)、3位は土屋太鳳(8.0%)。一方、男性芸能人では、1位は大泉洋(20.6%)、2位はDAIGO(13.8%)、3位は阿部寛(9.8%)という結果となりました。

今回アンケート調査を実施した「GDO」の特設サイトでは、「ゴルファータイプ診断」を展開。本コンテンツでは、ゴルフに関する簡単な質問10問に回答するだけで、あなたがついつい“やりすぎちゃう”ゴルフのプレイスタイルをズバリ診断してくれる。さらに、あなたのゴルファースタイルにあった上達のカギをアドバイスも。ゴルファーはぜひ、お試しあれ。

関連記事(外部サイト)