宅配の“再配達問題”に切り込むスマートロックとは?

新生活が始まる4月に向けて、賃貸マンションを検討する方にとって、物件の立地条件だけではなく、設備等さまざまな情報を集めている時期では?

そんな中、すでに関西エリアの一部マンションの管理会社の間で話題となっている「スマモル賃貸プラン」がいよいよ受付開始された。このプランの注目すべき点は、スマートロックというマンションの鍵の開閉をスマホで行える製品を採用した点。

家電やシェアリングサービスなど様々な分野でスマート化が進んでいく中で、なぜか鍵のスマート化においては出遅れ感が否なめない昨今。ここにきて、賃貸マンションの管理会社がスマートロックに着目し始めているのには、様々な理由が考えられる。

昨年、総務省が発表した2018年10月時点の住宅・土地統計調査によると、国内の住宅総数に占める空き家の割合は過去最高の13.6%で、空き家のうち賃貸用住宅はなんと432万7千戸を占めるという。そういった深刻な空き家問題がある中で、賃貸マンションにおいては点在するオーナーからの鍵の受け渡しの手間を軽減したいという需要が多いようだ。また、マンションを借りる側も、留守中の荷物の受け取りや、家事代行といったサービスをお願いする上で、鍵に関して不便さを感じることは多いと考えられる。

ライフスタイルの変化とともに、必然的に需要が高まっているように思われるスマートロック。その理由を探ってみると、単に便利というだけではなく、現代の賃貸マンションが抱えるさまざまな課題が見えてくる。

ECサイトの普及・成長に伴い、宅配便の利用量は年々増加しており、それに伴い運送業界を取り巻くドライバーの人手不足や再配達が問題として、広くメディアでも取り上げられるように。

国土交通省の発表によると、2017年の宅急便の取り扱いは約42.5億個。一方で、再配達率が約19.1%という分析データが。これは、実に年間約9万人のドライバーの労働力が奪われている状況。今後日本におけるEC市場拡大のポテンシャルなどを踏まえると、前述の宅配便における再配達問題は、無視できない危機的状況といえる。そんな状況の中、再配達の対策の一つとして、注目を集めているのが“置き配”。不在時でも指定した場所に荷物を届けてくれることから、宅配ボックスの無い物件でも荷物の受け取りが可能で、利用者が増えている。ただし、マンション等の集合住宅ではエントランスに“オートロック”を採用している場合があり、入居者不在時には鍵を開けて入ることができず、置き配ができないという課題が。

スマートロックは一部の製品で“時間”や“回数”を指定して鍵をシェアすることができるため、合鍵を渡すのではなく一時的な鍵の権利を渡すことで、留守中に荷物を配達してもらうことができる。そんな便利な特長があるスマートロックだが、現在、占有部(入居者の部屋)用と共有部(集合エントランス)用があり、その多くは占有部向けのものが多く、共有部と連携して使えるものは少ない。

そんな中、一際注目されているのが株式会社ビットキー(「ビットロック」を開発する会社)だ。

同社が提供している「ビットロック」を導入している集合住宅の場合は、“オートロック”を採用している場合でも、オートロックの鍵をシェアし、一時的に出入りができるようにして、玄関先まで荷物を届けてもらうことが可能となる。また、家事代行であればこれに加えて、入居者が部屋の鍵も時間や回数を指定した上でシェアすることで不在時サービスを円滑に利用できる。

ビットロックは、株式会社ビットキー(以下ビットキー)が開発・販売するスマートロック。ビットキーといえば、某有名誌トレンドチャートにおいて「2020ヒット予測100」の中で16位に選ばれるほど注目度が高く、先日も総額39億円もの資金調達完了が発表されたばかりの注目のベンチャー企業である。

中でもbitlock LITEは、各部屋に後付けできる工事不要のスマートロック。鍵をスマートフォンで開けることができ、家族や友人にシェアすることもできる。また、シェアする鍵は利用できる時間や回数指定も可能なため、指定時間にだけ利用できる「ワンタイムチケット」としても利用可能だ。サービス業者に発行すれば、業者はそれを使って解錠し、家事代行サービスや玄関に荷物を置く「置き配」が可能に。解錠と施錠の時刻はbitlockのスマホアプリで確認できるので安心。

安心と安全をテクノロジーで両立させたビットロックに、ぜひ注目を!

関連記事(外部サイト)