現役アイドルが「ナンパ待ち選手権」参戦で衝撃の展開に

2月9日、AbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルにて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱による番組『極楽とんぼのタイムリミット』#10が、放送された。

今回は「ナンパ待ちにタイムリミット」と題し、MCゲストとしてタレントのアレクサンダーを迎え、

極楽とんぼと一緒に、女性芸能人が街に出て、制限時間内に何人の男性から声をかけられるかを競う

「第1回ナンパ待ち選手権」の様子を見届けた。

今回の企画では、元AKB48の西野未姫、セクシー女優の友田彩也香、タレントの入澤優らに加え、さらに現役アイドルであるSKE48の大場美奈が挑戦者として登場。

1.普段通りの私服で参戦、

2.芸能人パワーは使わない

3.制限時間は1ステージ10分間

4.難易度の違う3ステージで争う

といったルールのもと、有楽町INZ前、渋谷TSUTAYA前、銀座コリドー通りの3箇所をめぐり白熱の“ナンパ待ちバトル”を繰り広げた。

移動中の車内では、現代の出会いについての話題になり、加藤さんの「今はもう、マッチングアプリでしょ?」との問いかけに、女性陣からは「やったことないです」との返答が続く中、ゲストMCのアレクが「俺やってるよ」と衝撃発言。女性陣を驚愕させるも、そんな空気もお構いなく、アレクは「えー、結構おもしろいよ」とあっけらかんと続け、一同の笑いを誘う一幕も。

また、番組後半では、仕事帰りに偶然通りかかったお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が緊急参加することになり、急遽MC陣とともに“ナンパの聖地”と呼ばれる銀座・コリドー通りでの“ナンパ待ち対決”を見守ることに。

突如目の前で繰り広げられる“聖地”での生々しいナンパの実態に、「無法地帯じゃねえかよ!何が上品な街だ」と悪態をつくほど、衝撃を受けた様子の秋山に、一同は大爆笑。

そして、バトル本編では西野7pt、友田8pt、入澤が10ptと、順調にポイントを獲得し、拮抗する戦いが展開される中、現役アイドルである大場が、2ptというまさかの事態に。大場は「せめて5人!」と言い放ち、銀座の街へ繰り出したものの、果たして、大場さんは罰ゲームを回避することができたのか…!?

そして、最下位となり屈辱の罰ゲームを受けたのはいったい誰なのか…加藤が「恐るべしだね、コリドー」と口にし、秋山も「衝撃の実態ですよ、コレ」と驚きを隠せなかった“聖地”での白熱“ナンパ待ち”バトルの模様は、見逃した番組を視聴できるAbemaビデオでぜひチェックを。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)