コロナ禍の新社会人と社会人3年目のお金と恋愛事情は…

auじぶん銀行株式会社(以下、auじぶん銀行)は、2020年4月24日〜28日の期間において、新社会人250名と社会人3年目250名、男女計500名を対象に、「お金」に関する調査を実施。このたび、その結果が発表されました。

新社会人に対し、初任給を何に使う予定、または何に使ったのかを質問したところ、最も多い回答は「家賃(51.6%)」。続いて「貯金(49.2%)」「食費(46.0%)」「光熱水費(39.2%)」に回答が集まり、初任給は、半数近くが固定費や貯金に回すという堅実な回答に。

また、新型コロナウイルスの影響がなければ、初任給を何に使っていたと思うかを質問。最も多かったのは実際の使い道と同じ「家賃(17.2%)」、続いて、「旅行(13.6%)」「家族へのプレゼント/仕送り(13.2%)」「趣味(13.2%)」という結果になりました。「家賃」を除くと、実際の使い道とは異なる項目に票が集まっており、新型コロナウイルスは初任給の使い道に少なからず影響を与えているようです。

新社会人と社会人3年目に対し、貯金額を質問しました。結果は15.6%が「貯金はない」と回答。貯金額で最も回答数が多かったのは「10万円以上〜50万円未満(31.0%)」でした。さらに、新社会人と社会人3年目で比較してみると、100万円以上貯金がある人は、新社会人で26.8%、社会人3年目だと、45.6%という結果になりました。その一方で、「貯金はない」と回答した人の割合は、新社会人19.2%、社会人3年目が12.0%と、貯金額と比較して、大きな差がないことがわかりました。

次に、新社会人と社会人3年目のうち、どのくらいの人が資産運用をしているのか調べたところ、結果は33.8%と3人に1人以上の人が資産運用をしていることが明らかになりました。また、新社会人は36.8%、社会人3年目は30.8%と、意外にも社会人3年目よりも、社会人1年目である新社会人の方が、資産運用をしている人の割合が高い結果となりました。

また、年収で比較すると、年収400万円以上の人で資産運用を行っている人は58.0%、逆に400万円未満の人だと26.8%ということが分かり、年収との相関関係があることも明らかになっています。さらに、資産運用を行っている人で「貯金はない」と回答した人は4.7%だったのに対し、資産運用を行っていない人で「貯金はない」と回答した人は21.1%。資産運用をしている人は、貯金をしつつ資産運用も行っていることが分かりました。

資産運用を行っている理由と行っていない理由については、資産運用を行っている人からは、「将来や老後のため」という将来を見据えた意見が目立ちました。一方で、資産運用を行っていない人からは、「余裕が無い」「やり方がわからない」「知識が乏しい」などの意見が多く、知識や金銭的な不足が、資産運用から遠ざかってしまう理由であることがわかりました。

・資産運用を行っている理由

「将来への備え(東京都・24歳女性)」

「自身の収入だけでは心許ないため(東京都・24歳男性)」

「本業以外に収入源が欲しかったから(新潟県・24歳男性)」

「老後の資産として(神奈川県・22歳女性)」

「貯金するよりも利回りがいいから(大阪府・22歳男性)」

「自分で年金を作ったり、老後の資産作りをするべきだと思うから(大阪府・22歳男性)」

・資産運用を行っていない理由

「興味はあるが、金を回す余裕が無いから(兵庫県・22歳男性)」

「やり方がわからない。元本割れが不安(熊本県・26歳女性)」

「まだ知識が乏しいため。運用できる資金がないため(東京都・23歳女性)」

「知識がないし、面倒そう。リスクが大きそうだから(岡山県・24歳女性)」

「資産運用を行っている」と回答した人を対象に、実際に何を取り入れているのかを質問しました。過半数が取り入れていたのは「株式(58.6%)」続いて、「投資信託(39.6%)」でした。「定期預金」「NISA」「iDeCo・確定拠出年金」と回答した人も2割を超えています。

また、日頃、参考にしている情報源についても回答してもらいました。最も多かったのは「TV番組(29.6%)」続いて、「ニュースサイト/ニュースアプリ(13.0%)」、「その他Webサイト(Yahoo!ファイナンスや株探など)(8.9%)」、「金融機関のWebサイト(8.3%)」。様々な情報源がある昨今でも、若手社会人の多くは、TV番組の情報を参考にしているということが明らかになりました。

まだ現在資産運用を行っていない人を対象に、資産運用に興味があるかを聞きました。新社会人の50.7%、社会人3年目の48.0%は興味があると回答。若手社会人の約半数は、資産運用に興味があることが分かりました。また、興味があると回答した割合が最も高かったのは、新社会人の男性(59.7%)でした。逆に割合が低かったのは、社会人3年目の女性(45.1%)という結果に。

 興味がある資産運用についても質問したところ、回答数が多かったのは「株式(27.7%)」、「FX(16.2%)」「投資信託(15.6%)」でした。

新社会人と社会人3年目の人に、交際相手がいるかどうかを質問したところ、62.8%が交際相手はいないと回答。比較的多くの若手社会人に交際相手はいないことが分かりました。また、社会人3年目を対象としたところ、結婚している割合は8.8%ということも明らかになっています。

若手社会人の恋人に対する金銭感覚を調べるために、恋人の誕生日プレゼントにおける予算を質問しました。最も回答数が多かったのは、「1万円以上2万円未満(28.5%)」。新社会人と社会人3年目の間で予算について比較したところ、顕著な差は見られませんでした。5万円以上の誕生日プレゼントを渡す人の割合でみると、新社会人は14.8%、社会人3年目は12.1%という結果になり、新社会人の方が高額なプレゼントを検討している割合が高い結果になりました。

それでも、貯金額ほどの顕著な差はなく、恋人へのプレゼントの予算は、社会人の年次には影響されないことがわかりました。また、誕生日プレゼントには何を渡したいのかを質問。最も多かったのは「アクセサリー(27.9%)」、続いて「服飾雑貨(ネクタイ・靴下・帽子など)(21.9%)」、「服(17.5%)」という結果でした。身に着けられるアイテムがプレゼントとして人気のようです。特に、社会人3年目の男性の49.2%は、アクセサリーを渡したいということも分かりました。

最後に、新社会人と社会人3年目が選ぶ「後輩力が高い」と思う有名人について回答してもらいました。1位は橋本環奈(24.0%)、2位は広瀬すず(11.0%)、3位は浜辺美波さん(10.4%)という結果に。ドラマや映画で活躍中の若手女優が上位にランクイン。比較的男性有名人よりも女性有名人の方が多く票を集めました。また、2位の広瀬すずの姉である広瀬アリスも8位に入り、姉妹でのランクインを果たしました。

関連記事(外部サイト)