「もう1度舞台に立つ」 諦めなかったNGT48メンバーの想い

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は22日、アイドルグループNGT48によるドキュメンタリー番組『NGT48リリース記念ドキュメンタリー特番〜また、あなたと一緒に歩きたい〜』を、生放送した。

1年9ヶ月ぶりの発売となる新曲「シャーベットピンク」のリリースを記念した本番組では、これを機に新たな一歩を踏み出すNGT48のドキュメンタリー番組として、これまでメンバーたちが歩んできた軌跡を過去の映像と共に振り返りながら、未来への想いを告白する「ABEMA」独占のインタビュー映像に加え、メンバー30人全員で心を込めて新曲「シャーベットピンク」の合唱を行った。

番組冒頭、“NGT48劇場”にメンバー30人全員が登場すると、ソーシャルディスタンスを保ちながら、新センターを務める藤崎未夢を中心にして新曲を初合唱した。

歌唱後、キャプテンを務める角ゆりあは、「前回のシングルから、約1年9ヶ月ぶりにまたこうして新曲を出させて頂いた事はすごく嬉しいですし、改めて、支えて下さったファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとございます。この期間、私たちNGT48にとって色々な事がありました。当時の私も、『もっと他にできる事があったのではないか?』と思う事が沢山あります。ですが、改めて皆さんにお伝えしたいのは、今のこのグループに、皆さんを裏切るようなメンバーはいないという事です。勿論、それでもそれぞれが反省すべき点はあります。それをしっかりと理解して成長していけるように頑張りますので、また私たちの事を見ていて下さると嬉しいです」と1年9ヶ月の想いと共に、ファンへ感謝の気持ちを伝えた。

また、センターを務めた藤崎も、今回の初歌唱について「今日はこうして歌のみのパフォーマンスだったんですけど、この曲はずっと待っていてくださった皆さんにお届けしたかったので、こうして今日30人全員で歌わせてもらってとても嬉しく思います」と感想を語った。

続いて、本間日陽の進行のもと、これまでメンバーたちが歩んできた軌跡を振り返る“過去映像”と共に、「ABEMA」限定で行われた独占インタビューの映像が流れると、1年9ヶ月の想いを正直に語るメンバーの姿に、堪え切れず涙を流してしまうメンバーも…。そんな中、中井りかが「こんなにお披露目から、これまでの活動を1個1個振り返って見た事がなかったから、『こんなんやってたな…』というのもありつつ、その中でも、メンバーの信頼関係とか、ちょっとギクシャクしちゃった時期とかも経て、今こうしてやっとシングルを出せたというのはすごい幸せな事だと思う。4thシングルまでは当たり前に思ってた事が、急にパッタリ無くなっちゃったっていうのが、すごい悔しかった。でも、それぞれが外見的にも精神的にも成長して、この5thシングルで成長した姿を見せれるのはありがたいし、幸せだと感じました!」とこれまでの活動を振り返った上で、改めて感謝の言葉を述べると、この中井の発言を受けた後の番組コメント欄には、視聴者から「当り前じゃないのよね」「なんか泣けてくるなぁ…」というコメントが殺到。

また、今後の目標を問われた荻野由佳が、「今後は私たち自らが色々提案していって、新潟の皆さんに楽しんで頂けるような事を企画していきたいと思いますし、先程のVTRを見ていて思ったのは、私たちは武道館などの大きなステージを沢山経験させて頂いて…。その大きく素敵なステージを、1期生だけじゃなくて2期生の皆にも見せてあげたいというのが今の私のNGT48での目標なので、頑張っていきたいです」と涙ながらに抱負を語った際には、「ずっと応援してるよ!」「頑張って!」「NGTありがとう」という応援コメントが続々と寄せられ、活動再開を果たすメンバーたちへの関心の高さが伺えた。

気持ち新たに一歩を踏み出したメンバーたちによる本放送の模様は、「ABEMA」ビデオにて1週間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)