安齋由香里ら『Lapis Re:LiGHTs』の“推しシーン”語る

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は8月29日、特別番組『アニメ「Lapis Re:LiGHTs」一挙配信記念スペシャル特番』を配信した。

「ABEMA」で行われた第1話から第8話の振り返り一挙配信を記念した本番組には、ティアラ役の安齋由香里、ユエ役の桜木夕、カエデ役の大野柚布子、ルキフェル役の松田利冴が出演。第8話までの“推しシーン”を語るトークコーナーや、4人で力を合わせるバラエティコーナーを行った。

アニメ「Lapis Re:LiGHTs」私たちの推しシーン!」と題して、第8話までのエピソードで印象深いシーンを、それぞれ発表するコーナーを実施。

まず、安齋は第8話の“LiGHTs結成シーン”をピックアップ。映像を流しながら、安齋は「これまでのストーリーで多くのキャラクターと関わってきて、このシーンに至るのが、エモいですね」と笑顔で語る。自身が演じるティアラが輝く街を背景に「人を照らす光になりたい」と語る場面では「ここ!ここの1枚絵が欲しい!」とお気に入りのワンカットであることを明かしたほか、集まった人びとの前でユニット名を発表する場面では「LiGHTsとして第一歩を踏み出すのがこのシーンなので、楽しみにしていました!」と思い入れの強いシーンであったことをアツく語った。

続く桜木は第7話の“ユエとエリザの回想シーン”をピックアップ。ユエと尊敬する師匠であるエリザとの別れの場面に、桜木は「ちょっと物悲しいシーンですけど……」と前置きしつつ「ここでティアラの存在を知り、エリザと別れたことが、現在のユエにつながっている」と語ります。また、「ここを見た上で、第2話でsupernovaが歌った「アオノショウドウ」を聞き返すと、また違った内容が分かってくる」と、ユエというキャラクターにとって重要な場面であることを明かした。

大野は第4話のラストシーンをピックアップ。ユニット“この花は乙女”にフォーカスを合わせた第4話ではキャラクターたちの意見衝突が描かれたが、ラストシーンでは3人揃った“新曲お披露目”が行われた。ステージの演出が気に入っていることを笑顔で話す大野は、ライブシーンに合わせてノリノリで体を揺らし「ライブでもやりたい!」と笑顔で話す。「この花だけじゃなくて、ライブシーンが本当にいいんです。CGで綺麗に動く上に、表情がひとりひとり細かく違っていて!」と、すべてのユニットのライブシーンの美しさに感動したことを明かした。

最後に、松田は第3話の球技シーンをピックアップ。自身が演じるルキフェルが、同じユニットのパートナーであり常に競い合っているアンジェリカに危機をフォローされる場面。とても短い場面だが、「アンジェリカ……?」というひとつのセリフに「これまで挑戦的な発言が多かったルキフェルが、はじめて好意的な感情を表出させる箇所なんです」と、キャラクターの魅力が詰まったワンシーンであることを熱弁。4人で、どのエピソードにも多くのキャラクターたちの魅力が詰まっている作品であっていることを熱く語り合っていた。

?KLabGames・KADOKAWA/TEAM Lapis Re:LiGHTs

?AbemaTV,Inc.

関連記事(外部サイト)