大友花恋、ほっぺピースが可愛すぎるクランクインSHOT!

女優の柴咲コウが主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜よる10時)に出演するモデルで女優の大友花恋が5日、オフィシャルブログを更新。

藤子のクランクインショットを初公開し、ファンから反響を呼んでいる。

同ドラマは、「家政婦のミタ」(2011年、日本テレビ系)、「同期のサクラ」(2019年、日本テレビ系)の制作チームが集結し、「○○妻」(2015年、日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むホームドラマ。10歳で不慮の事故に遭い、心が10歳のまま体は35歳となって25年ぶりに目覚める主人公・今村望美(柴咲コウ)と、彼女をとりまく人々の物語が描かれる。同日、細田善彦と大友の出演が発表された。細田は望美の妹・時岡愛美(橋本愛)の元恋人・相沢秀男役、大友は相沢の恋人で愛美の部下の林田藤子役をそれぞれ演じる。

第9話放送日、「ご飯の話」と題してブログを更新。どうしてもお寿司が食べたかったという大友は「でも、ごはんを食べてすぐお腹いっぱいになるのも 切なくて、お豆腐で手巻き寿司をしました」と報告。お刺身3種類と、納豆、きゅうりと紫蘇を用意し、海苔ともやしのお味噌汁も作り、豆腐はフライパンで念入りに水分をとばし寿司酢を少しと作り方を説明し、「きゃー、おいし!一口食べるたびに美味しくて感動!すぐお腹いっぱいになるし、なんて言ってたのが嘘のように大量にいただきました笑」と食べた感想を嬉しそうにつづった。

また最近、「糖質、脂質、タンパク質、ビタミンのほかにも、塩分が気になり始めて、そうなると添加物も気になり始めて。お弁当やら、飲み物やら、商品に含まれる諸々の材料や数値を見る」ことが趣味になっていることも明かしつつ、「ただ、意識しすぎると、大変なので、見て「ほうほう、、、」と楽しんだら、なんでも気にせず美味しくいただいています」とコメントした。

続けて、「今日のブランチでも、美味しいものを沢山いただけて嬉しかったなぁ。。幸せ。CM中もみんなでモグモグタイムしてました笑」と自身がレギュラー出演している情報バラエティー番組『王様のブランチ』(毎週土曜あさ9時半〜、TBS系)の裏話などもつづり、「夜ご飯はどうしようかな。日々の、食が、モチベーションです」「クリスマスにお正月、楽しみなイベント(主にご飯に対して)に向けて、あと1ヶ月、駆け抜けましょう」と意気込んだ。

最後は「さて、今夜はBSフジにて#ゆとりずむ 日本テレビにて35歳の少女です。どちらもぜひ、ご覧ください♪」と呼びかけ、「最早懐かしいクランクインの日」とフェイスシールドをつけ、ほっぺピースをした藤子のオフショットでブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「めちゃくちゃ美味しそう」「手巻き寿司美味しそう!」「料理に関しての知識も素晴らしい」「もうすっかり料理が板についてきましたね〜」「お豆腐で手巻き寿司は新しすぎる!」「美味しそうだしヘルシー」「花恋ちゃんの作ったご飯食べてみたいな」などの声や、藤子のオフショットにも「かわいい〜」「かわいらしい写真をありがとう」「神々しい・・・」「ほっぺピース可愛すぎます・・・」などの声が寄せられている。

日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』第10話は、12月12日(土)よる10時〜放送。

関連記事(外部サイト)