「news zero」は有働由美子アナと共に撃沈か?取り巻く四面楚歌とは

「news zero」は有働由美子アナと共に撃沈か?取り巻く四面楚歌とは

「news zero」は有働由美子アナと共に撃沈か?取り巻く四面楚歌とは

 日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」が、小文字の「news zero」にタイトルを変更し、新しく生まれ変わる。同番組では9月4日に記者会見を開催し、新たにメインキャスターをつとめる有働由美子アナらが出席。10月1日からの新体制をアピールした。

 3月末に27年間在籍したNHKを退局し、フリーになった有働アナ。今回の会見では「半年こもっておりましたから、ドキドキするもんですね」と珍しく緊張した面持ちで、「嫁に出してくれたNHKの方にも立派にやってるなって思っていただけるように」との意気込みを口にしていた。だがそんな有働アナの思いとは裏腹に、「news zero」のリニューアルには暗雲が垂れ込めているという。テレビ誌のライターがささやく。

「今回は『NEWS ZERO』の出演者で唯一続投を果たす嵐・櫻井翔がVTR出演となったため、まるで有働アナのお披露目会見さながら。日本テレビ側がいかに彼女を特別扱いし、期待しているのかを実感できました。たしかに有働アナは絶大な知名度を誇り、人気女子アナランキングでも上位の常連。そんな大物に期待が高まるのも当然ですが、果たして23時台の民放番組に彼女がハマるのか。業界内では疑問の声も少なくありません」

 たとえば週刊文春が6月28日発売号に掲載した「好きなアナ 嫌いなアナ 2018」にて有働アナは好きな女性アナ部門の2位にランクインしたものの、嫌いな女性アナ部門でも6位となっており、決して好感度ばかりではないことが分かる。しかも彼女を支持していた層は「news zero」の視聴者層とまったく被っていないというのだ。

「有働アナは『あさイチ』(NHK)での軽妙な司会ぶりで人気を得ましたが、8時15分〜9時54分の同番組を観ていたのは主婦を中心とした女性ばかり。それに対して男性サラリーマン層が対象の『news zero』は視聴者層がまったく異なり、有働ファンとは縁遠い番組です。しかも男性視聴者たちは夜の報道番組に対して、美人アナを愛でることでの癒しも期待しています。それこそ古巣NHKの『ニュースウオッチ9』で活躍する桑子真帆アナや『報道ステーション』(テレビ朝日系)の小川彩佳アナ、『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)の大江麻理子アナといった美人アナが目白押しなのも、男性視聴者対策なのは明らか。その点、かつて女性週刊誌に『ブスの矜持』とまで書かれた有働アナが男性視聴者の期待に応えられるとは思えませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみにライバル番組の「NEWS23」(TBS系)では2016年、鳴り物入りでキャスターに就任していた元NHKの膳場貴子アナを勇退させ、現在は元TBSでフリーの雨宮塔子アナが後任を務めている。これも膳場アナが思いのほか男性視聴者受けが悪かったのが理由との声もあり、報道番組といえども男性受けは重要な要素となっているようだ。

「しかも有働アナの場合、中高年女性への受けは良くても、若い女性からは『イケメンに馴れ馴れしい』と不評です。『あさイチ』ではV6・井ノ原快彦との軽妙な絡みが見ものでしたが、その井ノ原は番組開始時にはすでに既婚者でした。それに対して『news zero』では独身バリバリの櫻井とコンビを組むため、井ノ原相手の感覚で馴れ馴れしくしようものなら、嵐のファンから総スカンを食らうのは確実。さらに同番組では元乃木坂46の市來玲奈アナが月〜水のカルチャー&お天気担当を務めますが、今年入社の市來アナに新人イビリなどかませようものなら、今度は男性視聴者も敵に回すことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 有働アナにとっては右を向いても左を向いてもハザードだらけという四面楚歌状態の「news zero」。この調子だとせっかくのリニューアルも、新MCの有働アナと共に沈没という悲惨な結果になりかねない。よもや「NHKを辞めなきゃよかった!」なんてことにならなければいいのだが‥‥。

(白根麻子)

関連記事(外部サイト)