50歳になった武田久美子が美貌を維持するために購入した「恐い鏡」とは

50歳になった武田久美子が美貌を維持するために購入した「恐い鏡」とは

50歳になった武田久美子が美貌を維持するために購入した「恐い鏡」とは

 真実の姿を直視することが、「美」の秘訣かもしれない。

 女優の武田久美子が9月19日にブログを更新。新しい鏡を購入したことを報告したが、それがなんとも“おそろしい”鏡だった。

 武田といえば、8月17日のブログで久しぶりの水着姿を公開。娘とメキシコのリゾート地を訪れたときのショットだった。グラドル時代を彷彿とさせるボディラインは往年のファンを興奮のるつぼに飲み込んだ。

 しかし武田の美しさはボディだけでなく、50歳という年齢を感じさせない美貌にもある。その美しさの秘密の一端が“鏡”であることが明らかになった。

 ブログでは「とてもハイクオリティーの鏡で、全てがはっきり見え過ぎです!(笑)。でも、このような鏡はとっても重要ですよ!!」と絶賛し、その鏡に映った顔の下半分を自撮りした画像をアップ。17日のブログでは、この鏡をオーダーしたことを報告していたが、そのときも「全てを見て受け入れないとです!(笑)」と、その鏡に自らを映すことへの“覚悟”を語っていた。

「武田が購入した鏡は『シンプルヒューマン センサーミラー』だと思われます。顔を近づけると、センサーが感知し、600ルクスの明るさで顔全体を照らしてくれるのが特徴です。カメラのフラッシュを浴びたかと錯覚するほどの明るさで、細かい毛穴やシミまではっきり見えます。この鏡で自分の顔を見るのは正直勇気が必要ですが、今まで気づかなかった小さなシミまでわかるので、それをカバーすることができるのは大きなメリットです」(美容ライター)

 美しさを維持するためには、全てを受け入れないといけないようだ。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)