吉澤ひとみ“ママタレ”レースから滑り落ちた悔やみきれない「一瞬の夏」

吉澤ひとみ“ママタレ”レースから滑り落ちた悔やみきれない「一瞬の夏」

吉澤ひとみ“ママタレ”レースから滑り落ちた悔やみきれない「一瞬の夏」

 9月6日に酒気帯び状態でひき逃げ事件を起こし、道路交通法違反と自動車運転死傷処罰法で起訴されていた元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告が27日午後、300万円の保釈保証金を納め保釈された。

 午後5時31分に勾留されていた警視庁・原宿警察署から姿を現した吉澤被告は、放列をなす報道陣に向かって深々と頭を下げ、「この度は申し訳ありませんでした」と謝罪した。その容姿は元アイドルとは思えぬほどやつれ切っていた。

「ドライブレコーダーが公開されて以降、悪質性が次々に明るみになる吉澤被告ですが、今回の起訴は、より重い“危険運転致死傷”ではなく“過失運転致傷”が適用されていることから、実刑ではなく執行猶予がつく可能性が高いでしょう。だとしても、今後の彼女の人生がいばらの道であることは間違いない。事務所からの解雇はおろかモー娘。20周年関連イベントに実害を与えたとして損害賠償請求される可能性もありますし、IT企業経営の夫の仕事に支障が出る恐れもある。何より、まだ2歳の長男に与える影響が懸念されます」(週刊誌記者)

 モー娘。OGのママタレといえば辻希美を筆頭に、藤本美貴、保田圭、石川梨華らがSNSで育児情報などを発信し人気に。企業のPRイベントなどに引っ張りだこだった。

「吉澤被告も彼女たちに続く存在とみられていましたが、目論見は大きく狂ってしまいました。吉澤は育児に悩みがあり、日常的に精神安定剤を服用していたということですから、ママタレの仲間入りができていれば彼女の言動に勇気づけられるママがいたかもしれない。本人は悔やんでも悔やみきれないでしょうね」(前出・週刊誌記者)

「ママ」のタイトルで更新が止まったままの吉澤のブログがなんとも物悲しい。

関連記事(外部サイト)