“世界的アーティスト”香取慎吾が抱える「利根川で死にかけた」トラウマ

元SMAP香取慎吾に「利根川で死にかけた」トラウマか 中居正広と過去に激流下で対決

記事まとめ

  • 元SMAP香取慎吾は過去に利根川の激流下りで死にかけたことがあるという
  • 過去に中居正広との対決特番で、香取は「利根川のブラックホール」で浮き輪から落下
  • アンタッチャブル・山崎弘也との『おじゃMAP!!』では川下りを最後まで拒否した

“世界的アーティスト”香取慎吾が抱える「利根川で死にかけた」トラウマ

“世界的アーティスト”香取慎吾が抱える「利根川で死にかけた」トラウマ

“世界的アーティスト”香取慎吾が抱える「利根川で死にかけた」トラウマ

 香取慎吾の快進撃が止まらない。8月下旬の段階で6社とCM契約。元SMAPの5人では最多だ。ジャニーズ事務所を退所しておよそ1年8カ月が経つが、世界を股にかけて活躍中。高級外車・BMWのテレビCMに出演しており、9月19日からはパリ・ルーブル美術館で初の海外個展を開いている。SMAP時代は最年少で弟分だった香取が、今ではいちばん活動のすそ野が広い。

「小学生でジャニーズに入って、青春のすべてをSMAPに捧げたとあって、香取の経験値はすこぶる高いのです。多くのテレビ番組に出演していますが、特に忘れられない仕事は97年に放送された『香取慎吾の特上!天声慎吾』(日本テレビ)と、中居正広の『中居くん温泉』の対決特番でしょう。利根川の激流下りで死にかけたんですから」(テレビ誌ライター)

 SMAP時代、ソロで日テレ冠レギュラー番組を抱えていた2人は、中居チームの中居&出川哲朗&篠原涼子と、香取チームの香取&キャイ〜ン(天野ひろゆき&ウド鈴木)で対決。手首がチェーンでつながった状態で、早押しウルトラクイズに挑戦したり、パイまみれになったり。さらに漫才やコントなど、20歳の香取と25歳の中居はリアクション芸人さながらに体を張った。そうして迎えた最終対決は、連結した浮き輪に全員が乗っての激流下り。全長2km。最初の激流ポイントはクリアできたが「利根川のブラックホール」と呼ばれる魔のスポットで事件は起きた。

「キャプテンの2人が浮き輪から落下してしまったんです。香取によると、水面に浮き上がってきたのはおよそ2分後。滝壺に吸い込まれたそうで、マジで『死ぬかも』と思ったとか。今でもトラウマらしいです」(前出・テレビ誌ライター)

 今年、惜しまれながら終了したアンタッチャブル・山崎弘也との「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)で、渓流を下るアウトドアアクティビティ「キャニオニング」を満喫する企画があった。だが、香取は川下りを最後まで拒否。ほかのメンバーに任せている。

 それほどまでに深いキズだった利根川の激流下り。そんな香取も今では、世界からオファーが届く一流芸術家。40歳を超えた今、さすがにもう体当たりロケの機会はないか…。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)