不貞を許せる自分が好き!石田純一が小川彩佳のゲス夫に懲りない持論

石田純一が、YouTubeチャンネルを更新 2月には小川彩佳の不貞夫に懲りない持論も

記事まとめ

  • コロナ禍で炎上話題を振り撒いた石田純一が、自身のYouTubeチャンネルを更新した
  • 2月に配信された動画では、フリーアナ小川彩佳の夫、豊田剛一郎氏の不貞騒動に言及
  • 小川のことなどお構いなしで、豊田氏が不貞するのも当然のような発言を繰り返したとも

不貞を許せる自分が好き!石田純一が小川彩佳のゲス夫に懲りない持論

不貞を許せる自分が好き!石田純一が小川彩佳のゲス夫に懲りない持論

不貞を許せる自分が好き!石田純一が小川彩佳のゲス夫に懲りない持論

 コロナ禍で炎上話題を振り撒いた石田純一が、自身のYouTubeチャンネル「じゅんちゃんねる」を更新。生配信で専売特許の不貞に関して持論を展開した。しかし、世間の反応は思いのほか冷ややかだったようで‥‥。

 生配信の「石田純一の!ナンデモお悩み相談所」という企画の中で取り上げられたのは「不貞をする男を許せる女性がいるのが不思議です。魅力の違いですかね?」という視聴者の投稿。この投稿に対して石田は「僕はちなみに相手がしても許せると思います」と、万が一パートナーが不貞行為をしていたとしても自分は許せる派だと発言。

「石田さんはなぜ許せるかという理由も話していました。『自分に何か足りないことがあったのかなって。残念だし悔しいかもしれないですけどね。相手がそれなりの理由というか、縁とか偶然があったのかなと思いますね』と優等生っぽい言葉でしたが、『不貞は文化』と発言したと報じられた人ですからね。許さなかったらアイデンティティの崩壊と言えますし、規定路線のコメントでした。しかし、その後の『そういう風に許してあげる自分も好きですけどね。鷹揚な感じがしてね。すべて投げ出して許せないっていうことにはならないですけど』と妙なプライドを見せていたことで、やっぱり批判を受けていました」(女性誌ライター)

 不貞を許す自分を好きという石田の持論に、ネット上は実に冷ややか。「自分の不貞は許してほしいという本心がありあり」「コロナ禍の会食もそうだったけど自分にどんだけ甘いのって感じ」など、すべてが自分中心という言葉の数々に辟易した人が続出した。

「石田は2月に配信された動画では、当時話題になっていたフリーアナウンサー小川彩佳の夫で起業家の豊田剛一郎氏の不貞騒動について触れていました。その時は豊田氏が東大卒で医療ベンチャーの代表取締役を務めていたエリートであることから、不貞は『予想できたこと。驚くことではないかな。不貞してもしょうがないんじゃないの』とあっさり言及。さらに自分が豊田氏の立場なら『ビリオネアですよ。可愛い女の子がいたら、誘ってどっか行ったり、そういうの(可能性)があるかもしれない』と、妊娠中に夫の不貞が発覚した小川アナのことなどお構いなしで、豊田氏が不貞するのも当然のような発言を繰り返していましたね。それに関してはネット上では『豊田も石田も女性の敵』『真面目な金持ちのことも女性のこともバカにしてる』など、辛辣なコメントが。不貞に関してもコロナ会食にしても、常に自分中心で物事を考えるような人間だからこそあっさり許せて、同じことを繰り返せるのではないでしょうか」(前出・女性誌ライター)

 今回の質問の答えを石田の発言からよく考えてみると、不貞を許すか許さないかは魅力の違いというより、人としての思考構造の違いとしか思えない。

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)