上白石萌歌、多忙にもかかわらず「現役ハガキ職人」の事実に驚きの声

上白石萌歌、多忙にもかかわらず「現役ハガキ職人」の事実に驚きの声

上白石萌歌、多忙にもかかわらず「現役ハガキ職人」の事実に驚きの声

 7月25日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した上白石萌歌に驚きの声があがっている。この日の放送では「私が消したい最悪のやらかし」がトークテーマに。上白石はなんと「アルマーニ」のコレクションに招待された時、隣の席に座っていた年上男性に「何をされている方なんですか?」と質問。するとその男性から「私は布に袋って書いて布袋(ほてい)って読みます。ミュージシャンです」と返事をされたと明かしたのだ。

「つまり上白石は、あの布袋寅泰に向かって名前を聞いたということ。これにはスタジオ共演者から大きな驚きの声があがりました。さらに番組最終部では、フワちゃんが『上白石萌歌の秘密、みんなに教えてあげる』と切り出し、『萌歌ちゃんね、私のラジオで“ポリプロピレン”っていう名前でハガキ職人やってるの』と暴露。さらに『「みんなのあるある」を募集しますというコーナーがあったんだけど、「千駄ヶ谷っていう名前、なんか駄々こねてるみたいで可愛い」って送ってきた』と上白石からの投稿を説明。番組MCの東野幸治から確認された上白石は赤面しながら『事実です』と認め、さらに『フワちゃんのことが大好きで、すごく心から尊敬していて、本とか(も読んでいるし)、ラジオも毎週聴いている』と、本人を前にラブコール。しかしフワちゃんは喜びもせず『褒めてくれるのはめちゃめちゃ嬉しいけど、女優でハガキ職人やってる人、あんたしかいないと思う』と指摘。ネット上には『フワちゃんの言う通り』との大合唱が起きています」(女性誌記者)

 布袋のビジュアルを知らず、フワちゃんのラジオ番組でハガキ職人をしていることが明らかになった上白石。なにやら漂うポンコツ感でもまた、新たなファンを獲得しそうだ。

関連記事(外部サイト)