“爆死”続きの吉岡里帆がスッパ抜かれた「共感できない」追加要素

吉岡里帆、主演作が軒並み不調 父親がNHK大河プロデューサーということを隠し逆風か

記事まとめ

  • 吉岡里帆は主演作が軒並み不調で“戦犯”扱いを受けているが、週刊新潮が要因を報じた
  • 新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどは女性誌、吉岡は男性誌出身のため女性支持が低いよう
  • 父親がNHK大河のプロデューサーということは公表しておらず、さらなる逆風を懸念も

“爆死”続きの吉岡里帆がスッパ抜かれた「共感できない」追加要素

“爆死”続きの吉岡里帆がスッパ抜かれた「共感できない」追加要素

“爆死”続きの吉岡里帆がスッパ抜かれた「共感できない」追加要素

 ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)や映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」といった主演作が軒並み不調とあって、目下“戦犯”扱いを受けている女優・吉岡里帆。その要因に“非共感”があると10月31日発売の「週刊新潮」が報じている。

「視聴率や観客動員の“爆死”は主演女優ひとりの責任ではないものの、生活保護をテーマにした『ケンカツ』、声を出すために薬物を打つという『音タコ』にしても、女性が共感できる内容の作品に出演できていないことに加え、新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどの女性ファッション誌出身の女優がひしめく中で、男性誌で頭角を現してきた吉岡は、女性支持が低いというわけです」(週刊誌記者)

 さらに記事では、吉岡にとって、さらに“共感を呼べない”事実に言及している。週刊誌記者が続ける。

「彼女は、京都に住んでいた頃から夜行バスで東京のオーディションを受けていたという苦労人ですが、父親がNHK大河のプロデューサーということは公表していません。コネで起用されたくないという意思があるからだそうですが、恵まれた環境にあったことは明らかで、この点がネット上で、さらなる逆風になってしまわないか心配です」

 男性人気は確固たるものを築いた吉岡。女性たちの共感を得るための“成長戦略”を立てることが急務のようだ。

関連記事(外部サイト)