「みちょぱなら100万円払う」石橋貴明が浴びせたハラスメント発言

「みちょぱなら100万円払う」石橋貴明が浴びせたハラスメント発言

「みちょぱなら100万円払う」石橋貴明が浴びせたハラスメント発言

 悪癖は治っていない?

 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が11月5日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、ゲストでモデルの“みちょぱ”こと池田美優に対する性的ハラスメントとも取られかねない発言があった。

「勝手に語り継ぎたい昭和から平成の犬ブーム」と題されたテーマで、お笑いタレントのカンニング竹山やハライチらと共に“犬トーク”を展開した石橋は、「みちょぱは犬好きなの?」と振り、池田から「飼ってますよ、ワンちゃん」と返されると、「ホント? 俺も飼って」などと擦り寄ってみせ、澤部佑からは「なんだよそれ、気持ちわりぃな!」とのツッコミを頂戴している。

 また、スタジオに年間20頭ほどしか生まれないという希少価値の高い“小豆柴”なるレアな犬種も登場し、その値段が100万円以上にも達することが紹介されると、石橋もその高値ぶりに驚愕。番組終盤には“お気に入りの犬”を聞かれるも、「みちょぱで!みちょぱになら俺100万円払う」と豪語し、池田の苦笑いと共演者からの総ツッコミを浴びる事態となった。

「石橋は過去にも『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で女優の西内まりやのカラダを執拗に触ろうとする仕草が波紋を広げ、西内本人も本気で嫌がっている素振りを見せていましたし、同じく女優の芦田愛菜が名物企画“食わず嫌い王”に出演した際も、下ネタを含む大人の話題を続け、物議を醸しました。美人なゲストへのハラスメント発言はこの番組の恒例と化していましたが、こうした石橋の行為は時代のニーズにそぐわないものとされ、番組終了の原因とも囁かれていました。『たいむとんねる』は石橋貴明にとって再起を目指す場という一面もありますが、“みちょぱなら100万円払う”といった発言を続けているようでは状況は変わらないかもしれません」(テレビ誌ライター)

 池田美優は10月30日に20歳の誕生日を迎えているとはいえ、石橋は番組中に「みちょぱは20歳になったら俺と赤羽で飲む約束してんだよ」と明かしており、収録日にはまだ10代だった可能性も高く、だとすればなおさら一連の発言は“気持ちわりぃ”ものだと言えるだろう。

 良くも悪くも、とんねるずのスタイルはずっと変わらないのかもしれない?

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)