ユニット曲リリースの川崎麻世&大沢樹生、妙な意気投合の理由

ユニット曲リリースの川崎麻世&大沢樹生、妙な意気投合の理由

ユニット曲リリースの川崎麻世&大沢樹生、妙な意気投合の理由

 妻でタレントのカイヤとの離婚訴訟が泥沼化している、川崎麻世。11月9日発売の「フライデー」では、親友だという元光GENJIの大沢樹生と麻布十番の安居酒屋で3時間半も痛飲し、さらにその後、三次会まで流れ、明け方まで飲み明かしたことが報じられている。

「カイヤとの離婚問題には、長男までがカイヤのブログで参戦してきて、麻世が言っていることは全部嘘だと激しく非難。そんな日々のストレスは相当なものでしょうから、親友との飲み会はいい憂さ晴らしになったのではないでしょうか」(芸能記者)

 ただし一つ気になるのは、大沢との関係だ。

「ジャニーズ事務所の先輩後輩にあたり、親友というのはその通りなのでしょうが、2人ともこの数年、狩野英孝や東京03の豊本明長ら、数々の芸能人との奔放な交遊関係がネタにされるお騒がせ美女・濱松恵との関係が報じられている。麻世は12年に噂になり、大沢も今年2月、写真誌に2週続けての逢瀬を撮られたばかりでしたからね。通じるところが多いのかもしれません」(夕刊紙記者)

 11月21には新ユニット「オッサンズ」で沢田研二の「勝手にしやがれ」のカバー曲をリリースするという2人だが、仲がいいのも納得である。麻布十番の深酒でも、さぞや艶話に花が咲いたに違いない?

関連記事(外部サイト)