「ハコヅメ」最終回で最高視聴率!「続編やらない手はない」の声も

「ハコヅメ」最終回で最高視聴率!「続編やらない手はない」の声も

「ハコヅメ」最終回で最高視聴率!「続編やらない手はない」の声も

 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(日本テレビ系)の最終回が9月15日に放送され、平均視聴率は同作最高の12.6%を記録した。

 同作は、交番勤務をする女性警察官に焦点を当てたお仕事ドラマ。パーフェクト警官の藤聖子(戸田)と新米警官の川合麻依(永野)のペアは、回を重ねるたびに信頼関係を深め互いを認め合った相棒に成長していく。

 最終回の感想としては「ありがとう、凄くいい最終回でした」「ボロボロ泣きました。主役から脇役まですべての皆さんが本当によかったです」「楽しませて頂きました。続編はもちろん期待!」「日テレは金脈掘り当てたんじゃない? 数字も評価もいいし、続編やらない手はない」など、涙あり、笑いあり、シリアスありの同ドラマを大いに楽しんだようだ。

「放送当初から、藤と川合のペアが好評で、ロングランの『相棒』(テレビ朝日系)のように、シリーズ化を望む声が出ていました。交番勤務の女性警察官にスポットを当てたのは、警察ものの中でも新鮮味がありました」(テレビ誌ライター)

 まだまだ、いろんなエピソードがありそうな交番女子。続編への期待はますますふくらみそうだ。

関連記事(外部サイト)