共演者がコロナ禍に飲み会疑惑も松坂桃李は絶妙な返しでノーダメージ!

共演者がコロナ禍に飲み会疑惑も松坂桃李は絶妙な返しでノーダメージ!

共演者がコロナ禍に飲み会疑惑も松坂桃李は絶妙な返しでノーダメージ!

 俳優の古田新太、松坂桃李らが9月23日、映画「空白」の初日舞台挨拶に登場。古田は撮影中、毎回飲みに行っていたことを明かした。

 映画は万引き未遂を起こして逃走した女子中学生が交通事故死したことをきっかけに、父親が娘の身の潔白を晴らそうとするあまりモンスター化していくという物語。現代の「罪」と「偽り」、「赦し」をオリジナル脚本で描いている。古田は主人公の暴走する父・添田充を演じ、松坂は添田に追い詰められるスーパーの店長・青柳を演じた。

 舞台挨拶の中で古田は、重いシーンが多かったにもかかわらず本作の撮影について、「現場はすごくゲラゲラ笑ってる現場でした。ずっとへらへらしていました」と告白。松坂も「本当に誰よりも楽しそうでした」と合いの手を入れると、古田はさらに「そしてそのあと即行、飲みに行っちゃうんだよね。毎回飲んで楽しかったですよね」と暴露した。

 しかし、この飲み会に松坂は参加しなかったようで、古田は「桃李は役作りする人なんで、あんまり仲よくしてくれなくてね」と笑いながらチクリ。松坂は映画では古田に追い詰められるという役柄だったため「毎シーン、毎シーン、古田さんとのシーンのカロリー消費量が半端なくて、とてもじゃないけど飲みに行く気力がないというか」と弁解。さらに「毎回、僕は『お疲れ様でした』と疲弊してしまってホテルに帰ってたのですが、なぜ監督含め皆さん、飲みに行けるのか不思議でしたよ」と苦笑した。

 ネットではこのエピソードに対して《早く帰って戸田恵梨香に電話したかったんだよ》《松坂桃李さん、当意即妙な受け答えですね》といった声もあったが、《この撮影がいつかわからないけど去年とかなら自粛もあったのに飲みに行くとか安易に言って大丈夫かなと思った》《この時節の完璧な返答ですね。皆で飲みに行くなど言語道断!》など疑問や批判の声もあった。

「映画は昨年の3月20日にクランクインして4月10日にクランクアップ。愛知県蒲郡市を中心に全編ロケが行われました。当時は新型コロナの感染は広がっていましたが、どこも撮影は通常通り行われており、会食や酒類の提供も制限はありませんでした。4月7日に緊急事態宣言が発令されていますが、愛知県は対象地域に入っていなかったので関係ありません。ですので古田たちが当時、撮影終わりに飲みに行っていても何も問題はないのですが、今は会食や酒類の自粛が当然のようになってしまっているので、つい反応した人が出てしまったようですね」(芸能記者)

 いずれにせよ、松坂はノーダメージ。見事な受け流しだったと言えるだろう。

(柏原廉)

関連記事(外部サイト)