傷心のNEWS小山慶一郎に今こそ思い出してほしい10年前のプロ根性

NEWS小山慶一郎「news every.」キャスターに復帰できず 10年前MV撮影で手首骨折

記事まとめ

  • NEWS小山慶一郎は未成年への飲酒強要問題で「news every.」キャスターに復帰できず
  • 小山は10年前MV撮影のときに手首を骨折、増田貴久はバック転の練習で骨折した
  • 手越も趣味のサッカー中にケガ、加藤シゲアキも6人体制の頃に足を負傷している

傷心のNEWS小山慶一郎に今こそ思い出してほしい10年前のプロ根性

傷心のNEWS小山慶一郎に今こそ思い出してほしい10年前のプロ根性

傷心のNEWS小山慶一郎に今こそ思い出してほしい10年前のプロ根性

 NEWSのデビュー15周年にあたる今年、小山慶一郎はソロ活動がいまひとつパッとしなかった。理由はやはり6月に発覚した未成年女子への飲酒強要問題だ。これが尾を引いて「news every.」(日本テレビ)のキャスターには、いまだ復帰できず。地上波レギュラーは、加藤シゲアキとの「NEWSな2人」(TBS系)だけになっている。

 そんな小山はちょうど10年前、今のようにメンタルではなく、体に決定的なダメージを負っている。

「08年5月、NEWSにとって9枚目となるシングル『SUMMER TIME』をリリースしたんですが、ミュージックビデオの撮影のとき、手首を骨折してしまったんです。不運なことに当時は、主演舞台『ロス:タイム:ライフ‐真実へのカウントダウン‐』の真っ最中。しかも新米刑事役の小山が、折れている手首に手錠をかけられ、外そうとするシーンから始まるというもの。公演中のおよそ2週間、激痛に堪えながら出演したそうです」(アイドル誌記者)

 ミュージックビデオ撮影時に小山は高所から落下。腰から落ちそうになったため、とっさに手首でカバーした。真っ先に駆け寄ってきたのは、増田貴久。「大丈夫かーっ! 動くな動くなっ!!」と小山に声をかけたという。

「その増田は2014年からバック転を辞めています。テゴマス(手越祐也&増田)のコンサートツアーのリハーサル中、バック転の練習で骨折して、全治3カ月の重傷を負ったんです。それがトラウマとなって、ハードなアクロバットは避けるようになりました」(前出・アイドル誌記者)

 そのころ相棒の手越も趣味のサッカー中にケガ。増田にこっぴどく叱られている。ケガといえば、加藤シゲアキもNEWSがまだ6人体制だったころに足を負傷している。

 NEWSは4人全員が負傷に泣かされた過去がある。それを乗り越えてきたからこそ、今年15週年を迎えられたのだ。痛みに耐えながら演技を続けたプロ根性。小山慶一郎にはそれを思い出してほしい。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)