有働由美子アナ、甘利明氏への痛烈切り返しが「神対応」「短くて最も正論」と称賛

有働由美子アナ、甘利明氏への痛烈切り返しが「神対応」「短くて最も正論」と称賛

有働由美子アナ、甘利明氏への痛烈切り返しが「神対応」「短くて最も正論」と称賛

 フリーアナウンサー・有働由美子が10月31日放送の選挙特番「zero選挙」(日本テレビ系)に出演。神奈川13区での苦戦が伝えられた自民党の甘利明幹事長への鋭い切り返しが大きな注目を集めている。

 甘利氏をめぐっては、かねてより金銭授受の疑惑がかけられており、それに対する明確な説明責任を果たしていないとの批判も多かったことから、今回の小選挙区での劣勢につながったと見る向きが大半だ。

 番組では、小栗泉キャスターが同氏に対し、「比例の復活当選でも幹事長を続ける資格があるとお考えですか?」と質問。同氏は「それは今ここで皆さんにお話しすることじゃないです。(放送時点ではまだ)結論が出てませんから」と明言を避けるも、再び小栗キャスターが「甘利さんほどのベテランなら、まずご自身が決断して、それを総理に委ねるというのが筋じゃないんでしょうか」と詰問。これに「今、あなた方にお話しするという場ではないです。いちばん最初にお話しするのはカメラに向かってじゃなくて、総裁に向かってお話しするんじゃないですか」と甘利氏はヒートアップした。

 幹事長という重職を継続するか否かという説明は、“カメラよりも総裁が先”とのスタンスを示した甘利氏だったが、これに痛烈なツッコミを入れたのが有働アナだ。食い下がる小栗キャスターからの質問に不快感を示した同氏に向け、彼女は「カメラの向こう側には国民がいるわけですが」と鋭く指摘したところで中継が終了。ネットやSNSでは、この有働アナの切り返しを「神対応」「さすが有働さん!」などと称える声が集まった。

「まだ小選挙区での敗北が完全に決まる前というタイミングだったため、あの場で幹事長としての進退について何かを明言することは不適切だとする甘利氏の主張は理解できます。しかし、有働アナの指摘により、有権者よりも総裁への説明を第一に優先しているかのような姿勢が浮き彫りになったとして、世間からは『まさに甘利が誰のために政治をやっているのかがよくわかる展開だった』『国民の1人として、甘利氏はダメな政治家だと思いました』『質問に対してかぶせ気味に、キレ気味に言い訳をまくし立てる甘利さんを見ていて、この人に投票しなくて本当によかったと確信しました』『国民から選ばれなかった理由がよくわかる』など、失望の反応がズラリ。一方で、巧みな返しを見せた有働アナには『ひと言で国民の気持ちを代弁してくださって、なんてかっこいい!』『有働アナの発言は短くて最も正論です!』『お見事でした』と脱帽の声が並びました」(テレビ誌ライター)

 その後、甘利氏は小選挙区での敗北が決定。やはり有権者への説明を蔑ろにしてきたツケは大きすぎたのかもしれない。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)