「ハンオシ」最終回、タダでは終わらぬ“瞬間最高キュン数”に期待の声

「ハンオシ」最終回、タダでは終わらぬ“瞬間最高キュン数”に期待の声

「ハンオシ」最終回、タダでは終わらぬ“瞬間最高キュン数”に期待の声

 女優・清野菜名がヒロインを務める火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)」(TBS系)の第9話が12月14日に放送され、世帯平均視聴率10.3%と過去最高を更新。最終回を前に坂口健太郎演じる柊の告白にも注目が集まっている。

 このドラマは、27歳のデザイナーで“おひとり様最高”のヒロイン・大加戸明葉(清野)と、30歳のサラリーマンで既婚者の肩書きを手に入れたい堅物イケメンの百瀬柊(坂口)が偽装結婚する“不意キュン”ラブコメディ。第9話では、やっと思いが通じたと思った矢先に柊から離婚を切り出され、明葉はショックを受けて離婚に応じ別々の生活をスタートさせるという展開だった。

 しかし、柊の離婚の真意は、一度この“偽装結婚”をリセットして自分の思いを伝えたい。そのための離婚なのに2人の思いはすれ違うばかり。そんななか柊は、コンペの準備に打ち込む明葉に連日、快眠グッズやうなぎ定食、栄養ドリンクを差し入れ。明葉の応募するコンペの過去の受賞作の傾向を分析するなど、明葉を全力応援。そしてやって来たエンディングでは、「明葉さんをラブです」と思いを伝え、キスを交わすシーンには「にやにやが止まらない。私もずっとラブです!」「“ラブです”って告白可愛すぎるだろ」「“ラブです”って1周回って新しい」といった声がSNSには寄せられている。しかもこのシーンが公式HPにあるキュン・ボタンによる“瞬間最高キュン数”も獲得した。

「ようやく、お互いに“ラブ”であることを確認したラス前に当たる第9話。しかし最終回の予告動画を見ると、柊が『今までありがとう』と言うや『お世話になりました』と明葉が答える不穏なシーンが登場。“不意キュン”がコンセプトなだけに、もう一波乱、二波乱あってもおかしくありません。ラストに用意されるであろう“瞬間最高キュン数”シーン。一体どんなシーンになるのか、今から目が離せません」(女性誌記者)

「逃げ恥」のスタッフが再結集しているだけに、ただでは終わらない?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)